Choose your language. / ja / en / zh
このサイトでは Cookie を使用して、ユーザーに合わせたコンテンツや広告の表示、翻訳、広告の表示回数やクリック数の測定を行っています。 詳細

そうして君は鳥になる

昔の友達に会う度
どんどん置いて行かれている気がする
見上げるビルが建つ度
ますます人が下を向く様に

酷く億劫だ
彼女は夢を諦め無難な人と一緒になった
その事実が僕達の行く手を阻む

どうやって自由で居られる?
この世の全てを忘れて
ただ一つ夢を見ていたい
いつまでなら許されるの

明日はもう一歩先に居る
どんどん世界は遠くなる気がする
宇宙が大きくなるにつれ
隣の星が離れていく様に

更に憂鬱だ
シビアな事に周りの皆は次々居なくなる
「この次は僕かも」と不安が過ぎる

どうやって自分を保てる?
滲まないペンを求めて
もう少し夢を見ていたい
この状況終えられるの

右へと進んで迷えば
左で成功するだろう
単純にそうならどんなに
この世界は下らないか
想像して?

そうして君は鳥になる
誰にも見えない翼で
ただ一つ胸に携えた
想い出だけ抱きしめるの

気付けば近くに落ちていた
答えで全てを許せば
もう一つ雲を飛び越えて
どこまででも羽搏けるから

作品の情報

作詞
Cosmos and Chaos [2013-09-23]
ライセンス
Creative Commons BY-NC 表示 - 非営利 4.0 国際
お読みください
最新版をダウンロード