Choose your language. / ja / en / zh
このサイトでは Cookie を使用して、ユーザーに合わせたコンテンツや広告の表示、翻訳、広告の表示回数やクリック数の測定を行っています。 詳細

カイネコ

誰かの幸せなんて
願える程良くなくて
それでも貴方の事は
僕なりに愛していた

あの頃は子供だった
何にも知らないでいた
貴方の心の叫びも
痛みも、涙も

ちょっと冷たくしたからって
愛せない訳じゃないじゃない?
「もっと甘やかしていてよ
僕の事愛しているなら」と
ずっと強いていたんだろうね
気付かない振りじゃ済まない
もう誰も居ないんだよ
君の事失ってしまうと

いつもの幸せなんて
昔は感じてなくて
今更鳴いても遅い
この扉は[]かないよ

あの頃は子供だった
世界を知らないでいた
貴方よりも良い誰かが
居るんだと信じて

「ちょっと冷たくしたからって
愛せない訳じゃないじゃない?」
そうやって言い訳をしては
君の腕に縋り付くだけで
甘えさせてくれるのなら
誰でも良い様な事を
ずっと感じていたんだね
言葉にならない声から

「ちょっと冷たくしたからって
嫌いになんかならないじゃない」
そんな君の愛し方を
素直に受け止めてあげたなら
ずっと続いていたんだろうね
終われない これじゃ済まない
もう誰も居ないんだよ
君の事失ってしまうと

作品の情報

作詞
Cosmos and Chaos [2012-05-14]
Picture
Cosmos and Chaos
ライセンス
Creative Commons BY-NC 表示 - 非営利 4.0 国際
お読みください
最新版をダウンロード

ダウンロード