Jacket

カタチ

深い暗い心の森の奥
眠り姫は探していた
昔出逢った王子様に
この愛を渡す方法を

長い辛い生活が続いていた
お姫様はもう飽きていた
ある日世界の色が変わり
全て捧げると誓った

貴方の為に今を捨てる事が
私の為に読み替えられるのです
それが正しい唯一の道だと
彼女は信じて疑わなかった

嗚呼 懐かしさに振り返ってみれば
何かが伝う温かさがする
あの頃の私は幼く
愛のカタチ等知らなかった

強く固く握ったその手を
放すまいと躍起だった
けれど貴方は反対で
傷付ける事を怖れていた

「貴方の為に死ぬのは簡単だが
貴方の為に生きるのは難しかった」
そして迷い惑って離れたの
あれから一度も交わらない

嗚呼 懐かしさに振り返ってみれば
涙が伝う温かさがする
あの頃の私は解らず
愛を憎しみの餌にした

もどかしさに委ねた決意を
否定したい訳ではなくて
ただ私達の幼さを
悔やみ哀しんでいたいだけ

嗚呼 懐かしさに振り返ってみても
貴方の声ももう響かないの
あの頃に戻れるとしたら
愛のカタチ等探さない