Choose your language. / ja / en / zh
このサイトでは Cookie を使用して、ユーザーに合わせたコンテンツや広告の表示、翻訳、広告の表示回数やクリック数の測定を行っています。 詳細

テンテキ

「君の忌むべき存在は誰だい?」って
鏡を指差した

速められるリズムに
締め付けられる胸の音も
忘れてしまいたいよ

お化けも神様も
信じてなんかいないけれど
忘れちゃいけないよね

誰かの想いを踏み躙って笑い飛ばした人は
観られている
観られている

無事に明日を拝みたいならいつも
背中に気を付けていなきゃね
「君の忌むべき存在は誰だい?」って
鏡を指差した

緩められる縛りも
焼き付けられた罪の証
赦されはしないから

僅かな希望を掻き毟って報われなかった人は
覚えている
覚えている

今日の続きを笑いたいなら
夢物語ばかり見てはいられないね
「僕の忌むべき存在は誰だい?」って
君を思い出した

ヒトの天敵は何だと思う?
戯れに問いかけて指をかけた
それ[これ]は遊びじゃ済まない[ない]

無事に明日を拝みたいならいつも
背中に気を付けていなきゃね
「君の忌むべき存在は誰だい?」って
鏡を指差した

作品の情報

作詞
Cosmos and Chaos [2017-07-12]
ライセンス
Creative Commons BY-NC 表示 - 非営利 4.0 国際
お読みください
最新版をダウンロード