Cosmos and Chaos
Jacket

ユウダチ

「泣かないで良いよ」なんて
一言も言わない人
りないと思っていた
ごめんね気付けないで

突然の雷雲 走り込む人々
傘は何処へやったっけ?
思い出せず立ち竦む

「ベタなんだけど君の涙は
雨になって花を咲かせるから」
前置きをして微笑んでいた
僕の隣に居た best friend

「夕立なんか直ぐに止むって」さ
前振りも無く居なくなるなよ
あれは最後の夏 last word

あれから一度だって
泣かない様にしてた
そうしても僕の指を
包み込む人は居ない

そうやって何度も受け入れられずにいた
君は何て言ったっけ?
思い出して口吟[くちずさ]

「ベタなんだけど君の涙は
雨になって花を咲かせるから」
いつも[おんな]じ事繰り返し
僕の手を握った best friend

だけど僕は君を裏切った
まだ雨を毛嫌いしていたよ
意味がまだ解らず never cry

もう忘れてしまおうかなんて
思っていた矢先の事だった
涙の滲むノート見付け
そこに書かれた言葉
「僕は勝つ」

泣きながらも君と一緒に
進みやっと此処に辿り着いた
そうだったねと微笑んでいた
今は遠いけれど best friend

君のくれたものの価値が今
漸く僕に理解出来たよ
頬に伝う涙 summer-shower