Choose your language. / ja / en / zh
このサイトでは Cookie を使用して、ユーザーに合わせたコンテンツや広告の表示、翻訳、広告の表示回数やクリック数の測定を行っています。 詳細

光-永遠

永遠と名の付く物全て
信じようとしなかった
何処にもそんな物など無いと
深く心に刻んでいた

でも朝はいつもやって来る
長い長い冬の夜でも

月は太陽の鏡と知った時
絶対という言葉は在ると感じた
今までのふらついた足元が確かになってく
僕の居場所は此処で良いのだろうか

愛情と呼ばれる物全て
認めようとはしなかった
僕が手出しする物じゃないと
固く心に誓っていた

でも君は何時も此処に居た
深い深い冬の雪にも
埋もれることは無く

星は太陽と同じと知った時
孤独という現実にふと気付いた
今まで信じていた自分が不確かになってく
僕の心は闇だったのだろうか

君の愛が僕の為に有ると知った時
永遠が在って欲しいと初めて願った
今までの頑なな心が素直になってく
僕の居場所は此処で良いんだね

君は永遠に君と知ったから
愛という光も消えないと悟った
今まで歩いていた暗闇に光が差してく
早い早い時の流れにも
[]びてゆくことは無く

作品の情報

作詞
Cosmos and Chaos [2007-12-12]
Picture
Cosmos and Chaos
ライセンス
Creative Commons BY-NC 表示 - 非営利 4.0 国際
お読みください
最新版をダウンロード