Jacket

光-浄化

光る水面[みなも]に手を触れて
そっと深くまで心は沈んでゆく
少しだけその水掬って
飲み干して私の中で目覚めてゆく
曇った目を洗い流す涙を
待ち焦がれていたのに今まで泣けなかった
貴方の手が肩に触れたみたいで
ふと忘れていたのに今頃想い出した
光 それはきっと私には見えない
こんな穢れた心では届かない
光 貴方には見えているのでしょう
湖の底 映ってるその顔に