Choose your language. / ja / en / zh
このサイトでは Cookie を使用して、ユーザーに合わせたコンテンツや広告の表示、翻訳、広告の表示回数やクリック数の測定を行っています。 詳細

妄想病院

注射を打たれる度に体に穴が開いていく
心も穴だらけになる

堪え切れない寂しさを晴らしに
私はしばしばこの病院を訪れる

そうした所で淋しい事に
何ら変わりは無いと知りながら
それでも何もしないよりはマシと
悲しみ増やす薬飲みに来る

麻酔を打たれたみたい 記憶に穴が開いていく
埋まる事の無い隙間が

我慢出来ない恋しさ抑えに
私はその病室訪れる
それでも何かする勇気は無く
幻覚症状は増すばかりで

薬を貰うという名目で
病弱な王子様を見に来る
でも白い頬に指は届かない
硝子に隔離されて声さえも…

そうした所で虚しい事に
解決策は無いと知りながら
それでも君が居ないよりマシと
切なさ増やす薬飲みに来る

作品の情報

作詞
Cosmos and Chaos [2010-02-09]
ライセンス
Creative Commons BY-NC 表示 - 非営利 4.0 国際
お読みください
最新版をダウンロード