Jacket

孤独な私と可哀想な貴方

突然怖くなるの この世界に私は独り
貴方が幾ら愛せども愛せども 気付かないフリしてる
突然憎くなるの 無垢な貴方のその微笑み
私が幾ら欲しても欲しても 手に入れられない物

理由は要らないけど 誰でも良い訳じゃない
一番欲しい人は取り逃がしたから
貴方が望むなら私をあげるわ

嫌いじゃない 友達でもない 愛しているのに
何かが違う あの人が誘う 危険な道へと

 

永遠なんて無いの この世界も何時かは終わる
私と貴方の関係も愛情も 変わらない訳がない

自由は要らないから 安全な場所は何処?
鎖で繋がれても貴方に尽くすわ
ずっと離れないで居てくれるのなら

往生際悪い性格は解っていたけど
まさかこんなに あの人の事を忘れられないなんて
嫌いじゃない 友達でもない 愛しているのに
踏み出せない 方向変えたい 逃げる出口へと

 

誰かに愛されて甘やかされて温かい場所で
眠れたら満足なの?
違うの、私は、
誰かを愛して甘やかし手温めてあげたいだけ

嫌いじゃない 友達でもない 愛しているけど
貴方は違う 独りで大丈夫 あの人と違って
嗚呼、なんて孤独な私と可哀想な貴方