Jacket

悠秋

街はもう10月の風が吹き
空には秋の雲
時が経つのは早いねって
誰に言うでもなく呟いた

なのにどうしてこんなにも
夜の時間は長いの?
月が私を見て笑う
進みたいの? 止まりたいの?
帰りたいの? と…

今はまだしばらくはいいよ
このままで
ゆっくり秋の景色を楽しみながら
冬を待つ

あの運命の日から丸半年
200日近くの日々が
想い出の中へと沈んでいった
貴方の顔ももう思い出せない
私にとって春は出逢いじゃなく
別れの季節だった

今もまだわだかまりはあるよ
貴方との
一緒に歩いてきた日々を振り返り
夏を想う

今はまだもう少しここに
留まっていたいよ
秋の風に哀しみを
掻き消してしまいたい。