愛の無い恋

君は何も変わっちゃいない
僕も何も変えちゃいない
マニュアルに沿った日々を
真っ直ぐに歩いているんだろう

明日[あす]は何処かへ行くのかい?」
「別に何処にも行かないさ」
お決まりの答え方に
億劫さ感じてみたりして

そうそれは鉢の花をむしり取りもぎくだいて
紅色に染まった手を眺め慰める様に

君の事を昔ほど好きでいられないのは何故だろうか
嘘だったって言うのかい?
あの時の僕の言葉を

でもそれは仕方無くて避けて通れないなら失おうか
所詮愛の無い恋さ
一つだけ残す「ゴメンネ」

君は何も変わっちゃいない
僕も何も変えちゃいない
お互いに妥協したと
決断を否定しないでよ

そうそれは額の中の美少年に恋い焦がれ
虚像だと気付いた[のち]刺さる現の如く

君の事を昔ほど好きでいられないのは何故だろうか
恋したって言うのかい?
君じゃなく恋自体に

でもそれは仕方無くて誰も通る道なら認めようか
君の方も冷めたんだ
今更要らない「ゴメンネ」

君の事を昔ほど好きでいられないのは当たり前さ
嘘だったって言ったんだ
あの時の僕の想いを

もう望みなんか無くて元に戻せないなら失おうか
所詮愛の無い恋さ
一つだけ残す「ゴメンネ」

信息

作詞
Cosmos and Chaos [2012-09-13]
執照
姓名標示-非商業性 4.0 國際
讀我
下載最新版本

Download

該網站使用cookie來確保您在我的網站上獲得最佳體驗。
更多細節