Choose your language. / ja / en / zh
このサイトでは Cookie を使用して、ユーザーに合わせたコンテンツや広告の表示、翻訳、広告の表示回数やクリック数の測定を行っています。 詳細

明日のchance

通り越した感覚 君はいつも泣きそうな顔する
まだ僕が「いつもの様に強がってる」と思うんだろ

ああ、確かに怖くなんかないさ
もう毎日不満なんてなくて
そんな風な言葉を
どうして君は疑う?

張り詰めた空気や凍る場面 幾つも経験
まだ君が知らない僕の思惑 残されている

嗚呼、言わせてもらう つまらないよ
もう明日[あす]からそんな顔しないで
そんな風な言葉を
どうして君に言える?

君が何を見てきたのか
何を見ているかなんて知らない
だけど一つだけ確かなのは
自分の限界は君が決める物じゃない

ああ、確かに怖くなんかないさ
もっと辛い事をくぐり抜けて
此処に居るって事を
どうして君は疑う?

僕が何を見てきたのか
何を見ているか知らないだろう
だけど一つだけ確かなのは
羨むその心 別のパワーにすりゃ良い

明日[あした]は無いかもしれない
何度も投げ出しそうになった
だけど今日まで貫けたのは
自分の限界を僕が決めなかったから
誰かがちゃんと僕を見ていてくれたから
明日のchanceは今日の続きに在るから

作品の情報

作詞
Cosmos and Chaos [2013-12-01]
ライセンス
Creative Commons BY-NC 表示 - 非営利 4.0 国際
お読みください
最新版をダウンロード