Jacket

浮雲

未だ見ぬ兄者は妾が赤子の頃に
遠い御国へ行きさった

帰らぬ兄者を待てず母上様は
昨夕[ゆふべ]果敢無くなりさった

後見亡くして憂き世さ迷うよりも
宝護れず悔やむだけ

遥かな道程堪えて兄者を追うも
面影一つ残らずに

[みち]行く童に尋ね着いた宿は
兄者が既に去りし後

諦め切れずに生き別れし御父[おとう]
頼るも[]うに死にさりし

疲れて見上げし空に懸かる浮雲
妾の命例へけり