Choose your language. / ja / en / zh
このサイトでは Cookie を使用して、ユーザーに合わせたコンテンツや広告の表示、翻訳、広告の表示回数やクリック数の測定を行っています。 詳細

真夜中のダンス

くすんだ看板と切れかけの街灯が薄い影を作り出す
月光下[げっこうか]の舞台で踊る足が縺れる

何も大切にしなければ失う事は怖くない
川面は金色[こんじき]に光るスポットライト

真夜中のダンス
ブロードウェイを独り進む
回り跳ねて倒れるまで
誰かを探しているの?
少女は人生について只、考えていた

遥かに見えるネオンと奇抜なデザインはポルノの街みたいだ
何処へ行こうが寂しさは紛れないだろう

君は大事にしたい物を壊してしまうつもりなの?
そんなに掴んだら痛いよ 手を緩めて

暮れかけの空
深青[しんせい]の色の三日月を
見上げていたら気付いたら
独りぼっちになってた

真夜中のダンス
イルミネーションの下二人
喘いでもがいて果てるまで
意味など求めているの?
少女は明けない夜について、考えていた

真夜中のダンス
闇も死も怖くないけれど
生まれ生きて朽ち果てるまで
誰かを求めているの?
少女は愛情について只、考えていた

作品の情報

作詞
Cosmos and Chaos [2010-01-03]
ライセンス
Creative Commons BY-NC 表示 - 非営利 4.0 国際
お読みください
最新版をダウンロード