Choose your language. / ja / en / zh
このサイトでは Cookie を使用して、ユーザーに合わせたコンテンツや広告の表示、翻訳、広告の表示回数やクリック数の測定を行っています。 詳細

夜の帳が明けてく
部屋の扉を開いた
手の平を返して

「まさか」って思ってるでしょ?
隙だらけの私をモノにしたつもりでしょ?
幸せ者ね、半分アタリ。

言えないの「〇〇〇れ[よんもじ]」の言葉は
だから私の羽の裏側の模様で気付いて

夢の続きは見せない
君の心を叩いた
私を許さないでいて
夜の帳が明けてく
部屋の扉を開いた
手の平を返して

お給料だけくれれば良い
養育費だけちゃんと払って
保険金だけ置いて逝って
君である必要は無いの

私に意味を与えるのは「僕しか出来ない」
なんて勘違いして
自惚れないで。期待しないで。

言わないの「〇〇〇き[よんもじ]」の想いは
だから私の胸の奥底で腐っていけば良い

君の未来をこの手で
刈り取ってみても良い?
仕打ちは受けるつもりだし
明日二人が何処かで
擦れ違ったとしても
道端の花だろう

夢の続きは見せない
君の心を叩いた
私を許さないでいて
夜の帳が明けてく
部屋の扉を開いた
手の平を返して

作品の情報

作詞
Cosmos and Chaos [2012-03-05]
ライセンス
Creative Commons BY-NC 表示 - 非営利 4.0 国際
お読みください
最新版をダウンロード