Choose your language. / ja / en / zh
このサイトでは Cookie を使用して、ユーザーに合わせたコンテンツや広告の表示、翻訳、広告の表示回数やクリック数の測定を行っています。 詳細

誰かを好きでいたかった

間違いなどがあったと言うなら
出逢った時から全てが決まっていて

取り戻せないものを嘆いても
辛いだけならいっその事と
誰かを好きでいたかった
じゃないと君をまた好きになる

久し振りに会った君の背中は変わらず
生き急いでいて追いつけやしないと思った
寂しがりの所為と見透かされているんだろう
突然の呼び出し[コール]に応えてくれたのは

強がりだってお互い様なら
弱虫だって誰でも飼っているよ

馴れ合いの関係を拒んでも
舐め合う傷は一層深く
体も心も抉って
最後は何を残すのだろう

愛していると言った君の歌にこの耳が
覚えがあるって本当は当たり前なんだ
少しでも近くに、その視界が見えるように
君が愛したものを許したかった

終わりを告げる事は難しそうだけど
他人に押し付けたら簡単だろう
この想いを貫くだけならできるさ
それは君も同じなんだろう?

久し振りに会った君の視線は変わらず
他を向いていて勝ち目など無いと語るね
戻れない立場も見越した未来[これから]
君じゃない誰かを好きでいろと云う

愛していると言った君の言葉を忘れて
無かった事にして生きて行けたら良いのに
少しでも遠くへ、この視界から消えるように
君じゃない誰かを好きでいたかった

作品の情報

作詞
Cosmos and Chaos [2014-09-01]
ライセンス
Creative Commons BY-NC 表示 - 非営利 4.0 国際
お読みください
最新版をダウンロード