Choose your language. / ja / en / zh
このサイトでは Cookie を使用して、ユーザーに合わせたコンテンツや広告の表示、翻訳、広告の表示回数やクリック数の測定を行っています。 詳細

死んだら永遠のお別れをしなければいけない
首を締められた位では死んだりはしない
月は静寂の夜だけに昇る訳じゃない
夜に犯罪が限られている訳でもない

冬の災害でお別れを強いられもせずに
気付けば生まれ故郷、幼馴染みさえも忘れて
誰も答え等知らない問いに取り憑かれて
終わりが見えない道ならばと逃げ続けていた

嗚呼、それだけの人生、それだけの生き様
「肯定してよ」なんてエゴでしかない
嗚呼、それでもやはり、それ[ゆえ]母様の
指定される幸福[しあわせ]なんて
何の面白味も感じられないの

男は愛したらどうしても手に入れたくなって
嘘を何食わぬ顔しては上塗りしていく
それは我儘な父親に限る訳じゃなく
昔好きだったあの人さえそうだった

嗚呼、そんな事承知、そうだと割り切って
「慰めてよ」だけで終われるなら
嗚呼、それならやはり、それなら要ら[]
開始されるその時よりも前に
君に魅力感じたりしない

嗚呼、これだけの人生、これだけの生き様
「肯定してよ」なんてエゴでしかない
嗚呼、それでもやはり、それ故この足で
踏み固めるしかないじゃない

嗚呼、そんな事承知、そうだと割り切って
「励ましてよ」だけじゃ終われないけど
嗚呼、それでもやはり、それ故尚更
停止されるその時よりも前に
此処に轍刻み付けて[]

作品の情報

作詞
Cosmos and Chaos [2013-09-02]
ライセンス
Creative Commons BY-NC 表示 - 非営利 4.0 国際
お読みください
最新版をダウンロード