Choose your language. / ja / en / zh
このサイトでは Cookie を使用して、ユーザーに合わせたコンテンツや広告の表示、翻訳、広告の表示回数やクリック数の測定を行っています。 詳細

遺言

僕が生きる最後の砦に
深く剣が突き刺さる
僕が死ぬ時も すぐそこだろう
その前に一つ言葉を残そう

僕が死ぬる終わりの牢獄に
明かりを灯さないで
暗いままで あの世に送り出して
この世に何も残したくないから

人は死を懼れ
人は生を焦がれ
その意味も解さぬまま
何度も繰り返す

僕が眠る心の狭間に
入る者は居ないだろう
僕が生まれた時に 母が造った
ベッドが僕を護ってくれるから

人は闇を嫌い
人は光を好み
その真実知らぬまま
何度も甦る

僕が死ねる最期の砦に
激しく矢が突き刺さる
僕が消ゆる日も すぐそこだろう
その前に一つ想いを残そう

僕が朽ちる永遠[とわ]の墓場は
母の傍にしておくれ
二人共に 此処から送り出して
罪も體も総て包み込んで

作品の情報

作詞
Cosmos and Chaos [2007-10-29]
ライセンス
Creative Commons BY-NC 表示 - 非営利 4.0 国際
お読みください
最新版をダウンロード