Jacket

a-void

街の人の流れはまるで砂粒
私もその一つになって流れてくの

歩いて行く道の色も見えずに
空いてる方へ、方へ、導かれてくだけ

手探りでさえも許さない私の心は
避ける事を選んだ
もう何も聴きたくない

真空[ボイド]の中で生きられるなら
誰かの声も届かないんでしょう?
「だから慣れるの」と言ってみて
息を止める練習をした

歩いて行く道の先も見えない
誰かが望む方へ、流されてくだけ

手探りでさえも掴めない貴方の心は
忘れる事に決めたんだ
もう何も聴きたくない

真空の中に飛び込んだなら
誰かの愛も届かないんでしょう?
諦められると思ったから
声を殺す練習をした

真空の中で生きられるなら
誰かの声も届かないんでしょう?
「だから慣れるの」と言ってみて
息を止める練習をした