Choose your language. / ja / en / zh
このサイトでは Cookie を使用して、ユーザーに合わせたコンテンツや広告の表示、翻訳、広告の表示回数やクリック数の測定を行っています。 詳細

baby face

甘い舌の先で転がす言葉
今日も私の事転がすみたい

咲いた華麗な花の様な姿
この目に焼き付ける
二度と忘れぬように

面影なんて言うまでもない
君は今でも変わらない
時は無情に私の時間を
切り離しては流していく

幼い君の頬に触れた
心の傷が皺を刻んだ
痩せていく顔に惹かれたのは
或る種の赦しだったんだろう

枯れる運命なら覚悟の上で
この手に入るなら
二度と放しはしない

知らない振りをした表情
形の良い瞳が笑う
埋まらない溝を渡れたのは
或る種の奇跡だったんだろう

行く先なんて知るはずもない
明日[あす]は今でも届かない
時は無情に君との時間を
切り離しては流していく

幼い君の頬に触れた
心の傷が皺を刻んだ
痩せていく顔に惹かれたのは
或る種の赦しだったんだろう

伸ばした指で掠め取った
少しの愛が束の間見せた
褪せていく色に憑かれたんだ
今この時を掴まえたい

作品の情報

作詞
Cosmos and Chaos [2013-07-27]
Picture
Cosmos and Chaos
ライセンス
Creative Commons BY-NC 表示 - 非営利 4.0 国際
お読みください
最新版をダウンロード

ダウンロード