【初心者向け書籍】4大デッキで紐解く タロットリーディング事典

 他人を占う事を前提とした、実用的な書籍を何冊も出版されている吉田ルナ先生の本です。
 此方の本は、タロットカードの意味を辞書的に引けるので、自分を占う時にも役立ちます。

 一般的な本だと、カードの基本的な意味しか書いておらず、「アドバイスとしてこのカードが出たが、具体的にどうすれば良いのか」がわからない事が多いです。
 しかしこの本では各カードについて、辞書的に基本的な意味の他、占いのテーマ(占目)とスプレッドにおける位置の組み合わせでの読み解き表が書かれており、実占で有用となっています。

 大アルカナはカード1枚につき2ページ、小アルカナはカード1枚につき1ページの解説です。
 あとはタロットについての基礎知識と、おまけ程度にスプレッドの並べ方も収録されています。
 基本的には前から順番に読み進める本ではなく、必要な時に必要なページを開いて読む本です。

 読み解き表は占目と何を読み取るかとのかけ合わせになっています。
 占目は、恋愛・金運・健康など。
 何を読み取るかは、カードが出たのがスプレッド上でどの位置だったのか(状況を表す位置なのか、課題やアドバイスを表す位置なのか)で探します。

 小アルカナのかけ合わせ表は大アルカナに比べて占目や解説が少ないので、物足りない部分もあります。
 しかし曖昧な記述が少ないので、まだ想像力の至らない初心者が手軽にタロットを楽しむにはとても役立ちました

 一方で著書のタイトルにある「4大デッキで紐解く」という部分については殆ど書かれておらず、4大デッキのカードの図柄と簡単なコメントが各ページに印刷されている程度です。
 あくまでも「あれ、このカードの意味なんだっけ?」と思った時にパッと調べられる、初心者向けの本だと思った方が良いでしょう。

この記事が気に入りましたら、いいね、シェア、購読をお願いします!

🔔 から登録すると、更新をプッシュ通知で受け取れます。

このサイトではクッキーを使用しています。
詳細