Choose your language. / ja / en / zh
このサイトでは Cookie を使用して、ユーザーに合わせたコンテンツや広告の表示、翻訳、広告の表示回数やクリック数の測定を行っています。 詳細

『天文学と印刷』に行ってきました

 随分久しぶりの更新となってしまいました。
 新譜は何とか今年中に出したいところですが、年末の休みに集中して作る事になりそうでちょっと不安。
 せっかく音源買ったので使いたい…。

 と、近況はこんな感じで、音楽以外だと印刷博物館の『天文学と印刷』に行ってきました。

 凸版印刷の建物の中にあります。
 展示室はワンフロア(地下)だけで、今回は企画展のエリアが半分以上を占めていました。

 企画展展示は印刷の技術や歴史寄りで、天文学の話は天動説と地動説ぐらい(そりゃそうか)。
 展示物の中にはプリンキピアなどの有名な科学書もあり、ラテン語が読めると楽しいと思います。私は読めません。
 解説が少なく難しめでしたが、展示数はそこそこあり、満足満足。私よりも古文書が読める連れと行ったため、3時間くらいは見ていた気がします。

 企画展示の他は、VR映像が良かったです。
 何故かナレーションが半分録音、半分案内のお姉さんが生で、という形で、よく分からないけど面白かったです。
 あとは1200年代のお経が展示してあったり、浮世絵だったり。

 印刷の体験もできたようですが、今回はパスしてきました。
 企画展をやっていない時期は入場料が安いので、また今度でも良いかなと。