Choose your language. / ja / en / zh
このサイトでは Cookie を使用して、ユーザーに合わせたコンテンツや広告の表示、翻訳、広告の表示回数やクリック数の測定を行っています。 詳細

カバー曲作る人に欲しいオケ形態を訊いてみた

 マスタリングの有無や形式等、どういった形態で配るのが一番良いのか、Twitterで訊いてみました。

アンケート結果

結果を見るには此処をクリック

完成形を求める人と自分でやりたい人と半々くらい

 結果としては、「これぞ正解!」という結論が出ませんでした。
 マスタリングについては、ほぼ半々(やや加工済みを求める人が多め)。エフェクトに関しては、選択肢が4つまでしか作成できないので、「情報が欲しい」場合には加工の有無を問わない形としましたが、これらの方々が自分でエフェクトをかける派だとするとこちらもほぼ半々。

 この結果を私なりにちょっと考察してみますと、カバー曲を作る人には、

  • オリジナルも作る人(自分である程度音声を加工できる人)
  • UTAU(やボカロ等)は使えるが、MIXはAudacityでとりあえず合わせるくらいしか出来ない人

の2タイプがほぼ半々ずつ居るのではないかと思います。
 個人的には結構意外な結果でした。もっと自分でミキシングしたい人が殆どだと思っていました。

 今後はこの結果を参考にして、配布形態を考えていきたいですが、オリジナル製作者側の悩みとか考えも一応書いておきます。

未マスタリング・エフェクト有のmp3を配りたい

 あくまで私は、という話ですけれども。

何故mp3?

 mp3で配りたい理由は割と単純で、wavだと容量が大きいのでなかなか保管しておけるストレージが無いんです。そもそもアップロード作業も大変になってくるし。
 加工したら(合成して別のソフトで書き出したら)消えちゃいますが、mp3には作者情報とかも埋め込めますし、データが意図せぬ場所に出回ってしまった場合、mp3の方が安心だという気持ちもあります。

何故未マスタリング?

 こちらの理由はオケがマスタリング済みだとボーカルとの2MIXのハードルが上がるから
 マスタリング済みのトラックはどうしても音量が均されていますので、そこに更にボーカルを加えて再度マスタリングするとなると、相当バランスがとりづらいです。私がカバーするとなれば未マスタリングのオケが欲しいと思います。

 最近は自動マスタリングツールとかもありますし、無料のエフェクターもあります。ちなみに以下は自動マスタリングツールの紹介記事です。

何故エフェクトはかけておく?

 エフェクトについては、私はかけてもらっておいた方が良いかな、と思います。その人が使っているエフェクターを自分の環境でも使えるか(あるいは入手できるか)わかりませんので。自分も基本的にはかけた状態のを配っています。
 エフェクトのかけ方が複雑になってくると、情報を伝えようにも言語化に限度がありますしね。

 ただ、やっぱりものによっては、ボーカルと合成した後に全体にかける方が良いエフェクトもあります。特に空間系のエフェクトですね。実際、オリジナルの曲でそういう風にかかっている場合、カバーでもMIX後にかけないとオケとボーカルがうまく馴染みません。
 ところが既にオケ全体にエフェクトがかかっている場合、ボーカルが浮かないようにするには全く同じエフェクトを全く同じようにかけてからオケと合成するしかないんですが、これが先程も言った様にカバーする側がそのエフェクターを使えるかどうかがわかりません。
 それならエフェクト加工前のを配るので、ボーカル合成した後に似たような効果の出るエフェクトをお好きにおかけください、というのが一番親切だと私は思います。音作りの上手い人には杞憂なんでしょうが…。


 長々と書きましたが、投票・RTしてくださった方々、ありがとうございました。この情報が役に立てば幸いです。