Choose your language. / ja / en / zh
このサイトでは Cookie を使用して、ユーザーに合わせたコンテンツや広告の表示、翻訳、広告の表示回数やクリック数の測定を行っています。 詳細

無料で使えるDAW色々リンク集

 機能については詳しく見れてませんが、最低限WAVとMIDIの読み書きができる物に限っています。

MuLab

 オートメーション・VST対応。ASIOは対応というか別の紹介記事では必須という事らしいけど本家で記述は見当たらず(見逃していたらすみません)。
 4トラックしか扱えないのはちょっと少ないかな…。

LMMS

 この辺りが少し情報が古そうですが参考になるかも。
 不安定さが改善されていれば、見た目的にはかなり高機能そう。サイトもリニューアルされ、今でも積極的に開発されているようです。

Reaper 0.999

 ver.1.0以降は有料ですが、0.999までは無料で有名なソフト。

Studio One

 有料ソフトですが機能制限のある無償版も提供されているDAWです。
 外部オーディオインターフェースが無くても使えますが、専用の音源が必要です。

機能・特徴

 機能比較表は此方(ページ下方)。オートメーション・ASIO対応。サウンドフォント(他社・他者制作の物もOKでした)は使えますがVSTプラグインは無償版(と最下位の製品版)では使えません。
 が、しかし起動時に勝手にオーディオインターフェースを検索して繋ぐ設定をしてくれるという気が利く所もあります(Windowsに設定だけ残ってて肝心のハードウェアを繋いでいなかったのでエラーが出ましたけどもorz)。

 個人的に気に入ったのはデフォルトのアーティスト情報を設定して保存しておける事です。デフォルトには詳しい情報は入れられない(もしかしたら探せば設定出来るかも)みたいですが各楽曲ファイルには作詞者・作曲者等の情報をあらかじめ設定できます。

触ってみた感触とか

 SONARさんがめちゃめちゃ重いので凄く軽く感じます。起動はそこそこ時間かかるけどまあだいたい音楽制作ソフトなんてこんなもんでしょ。
 インターフェースは、まだ見慣れない&使い慣れない所為でごちゃごちゃしている印象ですが多分そのうち慣れると思います。色味はSONARよりは落ち着いている感じ。起動した後のダッシュボードに更新情報とか表示されるのは地味に邪魔。

 一つめんどくさいなと思うのは、ノートを置く前にパート部分をドラッグしないといけない事ですね。ボカロ(V3だけかも?)を触った事がある方は解っていただけると思いますが、思ったより長くなっちゃってパートからはみ出してノートを置こうとすると置けない。あの感じです。

参考リンク

 インストール色々躓いたので参考にさせていただいたサイト様へリンクを貼っておきます。

 このソフトには詳しいマニュアルも付属していますが(マニュアルを付けずに使い方講座で更にお金を巻き上げる某R社のソフトとは大ちg…いや何でもないです)オンラインでもマニュアル(非公式)を見付けたので此方も貼っておきます。スクショ付きなので解りやすいです。

TRACKTION

 自分で使ってみて書きたかったんだけど、時間が無くて永遠にお蔵入りになりそうだからメモ代わりに他の人のブログへのリンク貼っとく。

 Rewireのインストール場所は中に入っているテキストを読みましょう。