Choose your language. / ja / en / zh
このサイトでは Cookie を使用して、ユーザーに合わせたコンテンツや広告の表示、翻訳、広告の表示回数やクリック数の測定を行っています。 詳細

効果的なエゴサ方法&転載の削除方法まとめ

 私はこのブログにコメントシステムを付けていないので、記事への反応はエゴサーチで確認しています。
 他にも、作品が転載されていないかどうかをチェックするにもエゴサをします。
 エゴサによって否定的なコメントを見てしまったり、エゴサ行為そのものが嫌われている節もありますが、自身のコンテンツを守りたい・質を高めたい制作者にとっては必要な行為です。

 とはいえ、意外とエゴサは難しいもの。普通に探すだけだと、自分が作ったオリジナルのコンテンツがヒットしてしまうので、効果的なサーチ方法をご紹介します。

 転載コンテンツの削除方法も、簡単なものはこの記事にまとめます。

エゴサーチする方法

Google検索でのエゴサーチ方法

 Googleでは様々な検索コマンドが使えます。

 これらを上手く活用すれば、かなり精度良く検索することができます。
 URL指定検索は基本中の基本ですね。Twitterでも紹介されていました。

 コマンドを打つのが難しいと思う場合は、検索オプションのページから検索するとわかりやすいです。

 まとめサイトなどは上記のツイートのように、ドメインを特定して検索する方が速いですが、動画の転載などは「動画タイトル -site:nicovideo.jp」のように、オリジナルコンテンツがあるドメインを除外して検索する方が効果的です。
 ニコ動の場合はAPIを利用したサイトも多いので、ドメイン除外ではなく「-nico」とする方が良いかも。

動画タイトルが改変されている場合

 転載・カバーの際に作品タイトルを変更されてしまう事は良くあります。そんな時は、Googleで以下の方法を試してみましょう。

  • 動画IDやURLでの検索
  • 作品名を1文字ずつドットやスラッシュで区切る
  • 制作名義も検索キーワードに含める
  • 想定される二次利用形態があればクエリに含める(カバー、人力、MADなど)

 2つ目のは検索除けでよくされている手法ですが、単に単語が分解されるだけでGoogleにインデックスされることに変わりはないので、逆に単語を分解した検索クエリにする事で検索上位に挙がってきます。

はてなブックマークコメントをチェックする

 コメント機能がないブログだと、シェアしてくれた人のコメントが重要になってきます。
 自分のサイトがどれだけブクマ・コメントされているかは、「http://b.hatena.ne.jp/entrylist?sort=eid&url=[サイトURLをエンコードしたもの]」にアクセスすると確認できます。このサイトでは以下のような感じ。
 コメントは各記事のはてブページから確認できます。

 URLのエンコードがわからない、という人や、投稿サイトのコンテンツを探す場合は、はてブのトップページからURL検索をすると良いです。

Twitterでの反応を見る

 URL検索の仕様が良く変わるみたいなので、調査中。モバイル版Webだと検索できない?

 PC版Webでは、URLの完全一致検索ができます。ツールなどを使って短縮URLなどにして投げている場合は検索できません。

 TwitterはURLのシェア数のAPIも閉じてしまったので、かなり難しくなっています。
 そのうちGoogleで「site:twitter.com URL」として検索する方が速くなるかも…。

Google Search Consoleでリンク元を知る

 アクセス解析を導入できるサイトの場合、リンク元を解析データから確認することができます。
 それに加えて、GoogleやBingのウェブマスターツール(サーチコンソール)に登録しておくと、実際にそのリンク経由のアクセスが無くても、検索エンジンのクローラーが認識したリンクを表示してもらえます。

 Googleではツールの「検索トラフィック」→「サイトへのリンク」という所です。リンク元に多いドメインや、どのページが多くリンクされているかも確認できます。
 基本的にはSEOツールなので、エゴサーチをしないという人でもサイトをお持ちの方は登録する事をお勧めします。「検索結果から非表示にしたい」といった操作もできるので、アクセスアップ以外でも便利ですよ。

転載コンテンツを削除する方法

 長くなってしまうものは個別記事を書いていますので、此方から探してみてください。

NAVERまとめからツイートを削除する方法

 Tweetの転載(引用)の場合は、アカウント連携で簡単に削除できます。
 まずは該当ツイートをマウスオーバーでメニューを出します。右上の三角矢印をクリック。

 個別ページに削除リンクがあるので、クリックしてTwitter認証します。認証後、以下の警告が出ますのでそのまま削除。