Choose your language. / ja / en / zh
このサイトでは Cookie を使用して、ユーザーに合わせたコンテンツや広告の表示、翻訳、広告の表示回数やクリック数の測定を行っています。 詳細

Google Home Mini が思ったよりも便利だった

 メルカリでかなりお安く入手できるので、とうとう我が家にもAIスピーカーがやってきました。

 最初はGoogle Playにアップしている音楽が聴けるスピーカーとして使えれば元は取れるなーと思っていたのですが、やはりスマートスピーカーとしての機能が便利なので色々設定した事などを書いていきます。

Google Homeでできること

 こちらの記事に良くまとまっています。

音楽を聴く

 私の目的はGoogle Playの音楽を聴く事でしたが、キャスト機能を使えばAmazon Prime Musicの音楽も聴く事が出来ます。
 音質にこだわる方はMiniではない方や、外部スピーカーを利用することで両音質で聴く事が出来ますし、私の様に家事や仕事のBGMとして流す程度ならMiniでも全く問題ないです。

調べ物をする

 勿論Google検索ができる事はほとんどできます。
 私がよく使うのは天気予報や株価指数の確認です。

To Doリストに項目を追加

 Google Home単体では対応していませんが、IFTTTを使えば各種タスクリストに追加できます。

「おやすみ」の一言で明日の準備を全部やる

 スマホのアシスタントアプリで、「ルーティン」を設定しましょう。
 これはいわゆるショートカットの様なもので、長いコマンドを短くしたり、複数のコマンドを一つのコマンドにまとめる事が出来ます。

 例えば私は、「OK Google、おやすみ」で

  • 明日の最初の予定の読み上げ
  • アラームの時間を設定

を行っています。

注意点

バイリンガル使用は結構難しいかも

 英会話の練習がしたくて英語でも認識できるようにしてあるのですが、どうも最初に日本語でセッティングしてしまうと会話認識は日本語優先になってしまうようです。
 私の発音も悪いのでしょうが、かなり簡単な英語でないと無理矢理日本語として解釈されてしまいます。

 ちなみに、どのように自分の声が認識されているかは、スマホのGoogleアシスタントアプリでテキスト起こしすると分かります。

IoT機器と連携して声で家電を操作してみる

 対応のスマートプラグやスマートリモコンを購入してGoogle Homeと連携させると、声で家電の操作が出来るようになります。
 私はスマートプラグを購入してみました。

 Panamalarのスマートプラグは安いのに見た目がおしゃれで、右と左で別々にボイスコントロールできるのでおすすめです。設定も簡単にできました。
 此方のプラグはタイマー機能もある(無いプラグでもIFTTTなどと連携すればOK)ので、亀の保温ランプに使用しています。

 なお、スマートプラグは物理スイッチの家電にしか使えません。
 物理スイッチの家電とは、電源が入った状態でコンセントを抜き差しすれば、付けたり消したりできる家電のことです。

 エアコンやテレビなど、コンセントに挿した後にスイッチを入れる動作が必要な家電は、スマートコントローラが必要ですのでご注意を。

まとめ

 Google Homeは現在Amazonでの取り扱いは無く、メルカリで譲ってもらうか楽天などでの購入となります。

 是非導入してみてください。