Choose your language. / ja / en / zh
このサイトでは Cookie を使用して、ユーザーに合わせたコンテンツや広告の表示、翻訳、広告の表示回数やクリック数の測定を行っています。 詳細

Google Play Musicにアーティスト登録しようとした話

 恐らく随時更新。

 Google Play Musicで音楽配信する事は、実は誰にでも出来ます。
 TuneCore経由での契約が一般的でしょうが、Googleと直接契約する事も出来ます。

Googleと直接配信契約する

 検索してもなかなか出てきませんが、アーティスト登録は以下のページからできます。

 登録自体は簡単で、自分が全ての権利を有している楽曲を持っているなら配信するハードルも低いです。
 権利を委託しているとめんどくさそうだけど、そもそも権利委託しないといけないレベルの人は直接契約しなくてもマネージャーとかがやってくれるよね。
 必要なものは以下。

25ドル
アーティストページ開設費用(1回限り)
英語能力
重要なメールが英語で飛んで来る事があります
プロフィール
開設時にアーティストプロフィールを記入する必要があります。簡単なもの(一文だけ)でも可のようですができればちゃんとしたのが欲しいところ
アーティスト画像
2160x1080ピクセル以上推奨。自分が権利を有している画像であること

 あとは配信楽曲の価格の30%が手数料として差し引かれます。
 手数料はそれほど高くありませんし、「Google Play Musicにアーティストページがある」というブランド力を買う為なら25ドルも安いもんです。

思わぬ原因で登録できなかった

 Googleは配信する楽曲の権利がちゃんとアーティストに属していれば問題無いスタンスで、曲のクオリティの良し悪しなどは特に審査などはありません(多分)。
 売れるか売れないかはもちろんクオリティ次第ですが、ちゃんとアーティストページ開設の為の手数料は払っていますので。

 それで、結論から言うと私はポリシー違反で登録できませんでした。利用規約をちゃんと読んでいなかったのが悪いのですが。

 登録できなかった理由はアーティスト画像でした。アーティスト画像は、アーティスト本人の(アーティストを同定できる)写真でないといけないらしいです。

 ちょっとサイト読んだだけだとそこまで解らない人が多いと思うので、Googleから送られてきたメールの一部を抜粋します。太字部分もメールの原文ままです。

Your store page photo must be representative of yourself or your band or group's artistic identity.
Be sure that all artist images are real photos of the artist Cosmos and Chaos represented in the Google Play store page.

 という事で、ライブパフォーマーではないボカロPなどのアーティストにはあまり優しくない仕様です。
 TuneCoreだとボカロ曲の有料配信もできるそうなのですが、どうなっているんでしょうね…。TuneCoreには登録していないので、わかりません。
 有料配信するだけなら他にも色々選択肢はありますしね(楽曲単位の販売はまだやっていませんが、既にお店とかで流してもらっているのもあります)。

登録情報を修正すれば再審査してくれるらしい

 私は現時点でパフォーマンス写真が無いのでこれ以上どうしようもないのですが、登録情報を修正すれば再審査してくれるようです。
 再審査申請の期限があるのか、期限が切れたらお金が戻って来るのかどうかはわかりません。ただ純粋に好奇心でやった事なので私は別に戻ってこなくても良いけど(Google信者なのでお布施お布施)。

 とりあえずは保留しておきます。演奏しようにもブランクが長い上に怪我で神経を傷めてしまったので、ライブパフォーマンス…大分厳しいなあ…。
 パフォーマンス写真でなくても良いと思いますが、身バレできない人にはいずれにせよ難しいですね。

 やはりプロ向けか…と思いましたが、先にも述べた様に、全権利を手元に残しているインディーズや独立アーティストにはとても良い配信サイトだと思います。是非大きい写真を準備して挑んでください。