IK Multimedia製品のプリセットが表示されないときの対処法(Windows)

DTM用のPCを買い替えたのですが、同じように入れても動かなかったりするプラグインが結構あって困りました…。
この記事ではIK Multimedia製品のプリセットが出てこないときの対処法を紹介します。

プリセットが表示されない主な原因

私の場合は、途中まではHammondやSampleTronのプリセットは使えていたのですが、ある時AmpliTubeのプリセットが出てこない事に気付き、他のプラグインも見てみたら出てこない…という状況に。

私の環境での原因ははっきりとはわからないのですが、恐らく以下のいずれかかと。

  • 何らかの原因でプリセットフォルダの位置がレジストリから消えてしまった
  • プリセットフォルダのパスにマルチバイト文字(日本語)が含まれていた
    (OneDriveの下の「ドキュメント」フォルダはパスも日本語になっている。古い端末では移動させていたので気づかなかった)
  • インストール時に自動的にプリセットが入ったフォルダは、実は本当のドキュメントフォルダではなかった

他にも表示されなくなる原因は多岐にわたり、公式がnoteにまとめています。

とにかく私の環境では直せたので、以下やり方です。

IK Multimedia製品のプリセットが表示されないときの対処法

  1. OneDriveでドキュメントの「バックアップを停止」させる
    以下の記事の「 OneDrive 」 属性フォルダーを移動するセクションを参考にしてください。
  2. クイックアクセスにある「ドキュメント」の場所を確認
    クリックしてみるとOneDriveの中にある「ドキュメント」とは違う場所で、「ファイルの場所」というショートカットができていると思います。
    (もしかしたらショートカットは私が事前に貼ったりしていたためかもしれないので無くても大丈夫かと)
  3. 上記の場所が真の「ドキュメント」フォルダになったので、そこにプリセットファイルを移動させる
    プリセットファイル以外の、他の端末からOneDrive経由で同期されているデータ以外のものもまとめて移動させてしまった方が良いです(システムが認識する「ドキュメント」の位置が変わったため)。

試してみたけどダメだったこと

  • それらしきフォルダからプリセットが存在するフォルダにシンボリックリンクを貼る
  • 公式が示しているC:\Users\半角ユーザー名\OneDrive\Documentsにプリセットファイルをコピーする

この記事が気に入りましたら、いいね、シェア、購読をお願いします!

🔔 から登録すると、更新をプッシュ通知で受け取れます。