Choose your language. / ja / en / zh
このサイトでは Cookie を使用して、ユーザーに合わせたコンテンツや広告の表示、翻訳、広告の表示回数やクリック数の測定を行っています。 詳細

京都国立博物館&京都刀剣御朱印めぐりを一日でやってきました

 京都国立博物館の「刀剣を楽しむ」と、刀剣に縁のある4つの神社を観てきました!
 昨日ギリギリでスケジュールを立てていた時は「あれ、これ絶望的じゃね…?」というくらいタイトな予定でしたが、ある程度妥協すれば案外余裕を持って回る事が出来ました。
 自分の京都メモを兼ねてまとめます。なお、基本的に大阪方面からの旅ですので他方向から来る方はご注意を。

 降りるバス停名に覚え間違いがあったので修正しました。また、所要時間や地図などを追加しました。

地図を見るには此処をクリック

 なんか太平洋のど真ん中が出ちゃうので、ドラッグしで京都まで移動してください…。
 右上の拡大地図または左上のメニューから、刀剣御朱印巡り以外の(独断と偏見で選んだ)観光スポット等をマークしたレイヤの表示/非表示を切り替える事が出来ます。
 ルートについてはGPSで取得したものを、ずれている所・取得しきれなかった所を後で修正しています。

京都国立博物館

京都国立博物館

アクセス~音声ガイド入手

 京阪の七条駅から東へ徒歩ですぐです。開館20分前に到着したにも拘らず、既に100人くらい歩道に列を作っていました。
 開門後はチケットの自販機側に並ばされますが、学生証等を持っていて自販機では割引が使えない方は右横の窓口の方に並んでください

 また、私は行くまで知りませんでしたが私の大学は京都国立博物館のキャンパスメンバーズだったので無料で入場する事が出来ました。

 その後、音声ガイドを入手する為にまた並びます。
 音声ガイドは、一部の刀剣のガイドのみ刀剣乱舞-ONLINE-の声優さんが解説します。ポストカードは不要・どれでも良い人は1台借りるだけでOK(4台セットとありますが実際に渡されるのは1人1台です)。私は友人と2人で半分こしました。
 「処理済」と判子を押されなかった利用券については、後日持って行けばもう一度ガイドを借りれる前払いシステムになっています。

 ガイドを入手したら、展示室手前のラックにある「刀剣を楽しむ」リーフレットを忘れずに。

刀剣を楽しむ

 開場後すぐに展示室まで入れた方は、そのまま特別展示室までGO! その後はあっという間に最前列観覧の列が2時間待ちとかになってしまいました。私達は2階展示室(3階は閉鎖中)から見てしまったのでちょっと失敗。
 Twitterで混雑状況の情報を発信されているので参考にするのも良いかも。でも今日は一日中混んでたみたいですね。

 でも、待ち時間ゼロ&好きな順序で見れる、最前列用に確保されたロープの外側からなら展示を見る事が出来ました。
 各刀剣の解説パネルは見えにくいですが、刀剣乱舞に出てくる刀+αについては音声ガイドがあるので、他の刀剣の解説や地等の細かい所を見なくてもOK、という方は最前列に並ばなくても此方を2、3周すれば大丈夫かと。後ろの人に急かされないので、骨喰藤四郎の彫り物や義元左文字に刻まれた文字等、結構じっくり見れます。

 また、髭切、膝丸に関しては最前列観覧用ロープの外側にありますので、待ち時間ゼロで360度あらゆる方向から見る事が出来ます。
 個人的な感想としては、刀ってこんなに薄いんだ! ってくらい薄かったです。なかなか切っ先の方から刀を眺める機会は無いと思うのでぜひ横からも見てください。あと髭切と膝丸はやっぱり似てるなーという印象を受けました。

音声ガイドのネタバレ大丈夫な方のみクリック

 音声ガイドは刀剣乱舞とのコラボなだけあってガッツリ審神者を狩ってくる仕様でした。なんか今調べた所、オープニング解説を聴きそびれたようで(恐らく番号パネルが見えなかったんだと思われる)残念(´・ω・`) 利用券残ってるし骨喰藤四郎が置いてあるうちにもう一度行きたい。

 各刀剣の一つ目のガイドの最初でキャラ画像表示&入手ボイスが流れます。その後は巷で刀剣女子の話のネタになりそうな解説(キャラが解説するという設定ではありませんが、むっちゃん役の人以外はほぼキャラ声です)。二つ目のガイドではもう少し歴史を掘り下げて真面目な(どっちも真面目だけど)解説、という感じです。宗三さんの解説難しくて頭に入ってこなかったよ…。

 それから、一番最後に「来てくれてありがとう」的なメッセージが流れる番号があります。此処では各キャラが一言ずつ喋ってくれます。骨喰藤四郎役の方が真面目な挨拶もしてくれるので、骨喰藤四郎ファンの方は絶対に聴くべき。敬語の骨喰…。

 審神者的に萌えた(燃えた)点列挙。

  • 骨喰藤四郎の解説中に「鯰尾藤四郎」が出てくる。骨喰の声で読み上げられる鯰尾の名ウッ…(キュン死
  • 義元左文字の解説中に「長舩派の光忠」が出てくる。宗三は一体誰に嫉妬してるの…。
  • 陸奥守吉行の解説では坂本龍馬の最期についても触れられる。むっちゃん…(´;ω;`)
  • 秋田君→骨喰の呼び方は「骨喰兄さん」

 他の展示も一通り見て、11時過ぎに博物館を離脱。

豊国神社

 博物館の隣の豊国神社から刀剣御朱印巡りをスタート。私は迷った末、今回の(第二弾)ではなく骨喰藤四郎仕様の御朱印帳で。

 どの神社でも社務所付近の目立つ所に御朱印巡りのポスターや、来年開催のスタンプラリーのポスター・パンフレットがありました。此処までやってくれると審神者としても有難いですにわか(というか宗教上の理由で神社参拝してなかった人間)なので。御朱印帳はとうらぶ関係無い友人がやっててかっこよかったからやってみたかったし、一観光客として巡らせていただきますよー。

 豊国神社では参拝して御朱印を貰ったのみ。写真すら撮り忘れた…。今度は宝物殿も見たいです。

粟田神社

粟田神社

 豊国神社から粟田神社へは博物館三十三間堂前から市バス206系統または臨時のバス(今日は出てた)で三条京阪東山三条まで向かいます。乗車時間は15分程。
 更に近いバス停(神宮道)もありますが、直通が少ないので歩いた方が早いです。友人からの補足:京阪七条からなら100系統・206系統でも行けるそうです。情報Thanks!
 また、他にも神社を巡る場合は市バス&京都バス一日乗車券(500円)がお得です。地下鉄もセットで1200円というものもありますが、地下鉄一日券は600円なので、地下鉄を使用する場合でも一日券は別々で買った方が安いです。

 マクドナルドでお昼ご飯をちゃっちゃと済ませて、いざしゅつじーん!

 粟田神社は三条京阪から東へまっすぐ歩いて行けば鳥居が姿を現します。本殿・社務所は上の方にあります。

 粟田神社は複数の神社が集まっている場所なので、御朱印は二種類あります(刀剣のを含めると三種類)。とりあえず参拝した粟田神社の方のみいただいて、再び三条京阪東山三条まで戻ります。この時点で12時40分くらい。

建勲神社

建勲神社

 三条京阪から一先ず北大路バスターミナルを目指します。北大路バスターミナルで下車、地下道を通って青のりばへ。市バス204/205/206系統で建勲神社前まで行きます。所要時間は40~50分程度。
 時間によっては三条京阪からの直行便(206系統)もあります。友人へ:補足Thanksです!
 北大路ではなく出町柳駅前で乗り換える場合は、三条京阪から市バス201系統→1系統というルートもあります。

 神社の場所はバス下車後、バスが向かっていく方向と同じ方へ。二つ目の角を左に曲がってまっすぐ行くと山が見えてきます。

 麓の受付では無口なおじさんと愛想の良い男の子が観光パンフ配ってくれました。
 「此処から100段上がった所にあるよ~」と男の子に言われてひたすら階段を上ります。広い神社なので、時間があれば散歩してみると楽しいかも。

 社務所の方がとうらぶに理解ある方で、義元左文字の絵馬買った友人に「どうぞ家で侍らせてください」とか「(博物館や参拝に来てもらって)宗三さんも喜んでいるでしょう」と言ってくださって「ア゛ア゛ア゛ア゛ア゛こちらこそこんなミーハーの為にコラボやら何やらありがとうございますっっっ!!!」と思いました…。

 13時50分頃に出発。

藤森神社

藤森神社

 実は、此処までのコースを急ぎ足気味で来たのは、藤森神社の社務所&宝物殿が16時で閉まってしまうからでした。
 藤森神社に限らず一般に社務所は夕方16~17時に閉まる所が多いですし、暗くなってから神社に入るのは良くないので、どのようなコースを取るにしても注意です。

 藤森神社へは建勲神社前から先程と逆のルートを辿り、京阪に乗り換えます。出町柳で乗り換える事も出来ますが、時間に余裕があるなら四条河原町まで南へ下りた方が、京阪の電車賃が安く済みます(出町柳~墨染:330円、祇園四条~墨染:210円)。電車の方が速くなると言っても10分程度です。
 河原町からは歩いて京阪の祇園四条へ、そして準急で墨染へ。墨染からは線路の東側を北へ、少し広い通りを右に曲がると見えます。建勲神社からは1時間10分程度かかって、15時過ぎに到着。

 藤森神社さんは馬の神様を祀っていらっしゃるので、参拝&御朱印を頂戴した他に、競馬好きの友人の為にお土産を購入。
 重要文化財となっている建物が複数あった他、紫陽花が綺麗らしいので、またその季節にゆっくり見に行きたいところ。

 また、藤森神社の宝物殿は無料で見学できます。馬の玩具や銃・弓・刀等の武器、その他が間近で(ものによってはガラスカバーすら無い)見れて良かったです!

まとめ

 今回は、

  • 博物館で最前列観覧を諦めた
  • 各神社での参拝と御朱印を優先し、建物等をじっくり見なかった
  • バスが殆ど待ち時間無しで乗れた

この三点のおかげでかなり余裕を持って博物館&京都刀剣御朱印巡りを一日で終える事が出来ました。五ヶ所全て見終わった時点で15時半過ぎでした。

 博物館と豊国神社だけをじっくり見る予定→急遽めぐる事になって前日からあたふたしましたが、友人の助けもあって一度も迷わずバスも間違えず回り切れて満足です!
 ガイド利用券が残ってるし、豊国神社をもう少し見たいので、なんとかして骨喰藤四郎と髭切の展示期間中にもう一度行こうと思います。