M-AUDIOのサスティン(ダンパー)ペダル「M-AUDIO SP-2」

ペダルの極性を選択できる事が最大の特徴で、シンプルながら他に類を見ないので購入しました。

極性について

MIDIコントローラーのペダルの極性についてはRoland・YAMAHAタイプと、KORG・CASIOタイプがあります(踏み込みのON/OFFの違いなので二種類のみ)。
詳しくはイシバシ楽器さんの解説が解りやすいです。

私が購入したベリンガーのUMXシリーズはKORGと同じ極性という事で、同様に安価でCASIOよりは評判の良いKORGのペダルにしようかとも思ったのですが、相性もあるようですし今後別のコントローラーを購入しても使い回せる様にSP-2にしました。

なお、スイッチの1番がKORG(-)、2番がRoland(+)の極性となっています。

SP-2について

踏み心地は普通のピアノのペダルと似たような感じで違和感はありません。

製品の箱は思ったよりも小さくまとまっていて、収納場所に困る事は無いでしょう。
取扱説明書等は付いていません(挿して踏むだけなので)。

とりあえず毛の短い絨毯の上に置いて踏んでみましたが、重さはそれなりにあり踏み込んでずれるといった事はなさそうです。
フローリング風マット(?)の上では踏み方によっては位置がずれますが滑りすぎて使い物にならないという事はありません。

サウンドハウスさんの方で耐久性が云々というレビューがあったので不安でしたが、作りもしっかりしていそうです。
少なくとも値段相応なパフォーマンスはしてくれると期待。

この記事が気に入りましたら、いいね、シェア、購読をお願いします!

🔔 から登録すると、更新をプッシュ通知で受け取れます。