Mailgun+GCE+独自ドメインを使ってメールを送受信する

 サーバーからメールを送る時に独自ドメインにする方法がずっと解らなかったのですが、結論MailgunもGoogle Compute Engineも関係無かった…。

Mailgunでメールを送受信する

 独自ドメインの設定や、SMTPの設定まで済ませておいてください。
 各種メールクライアントを使ったメール送信の手順まではググれば沢山出てきますので割愛。

 GCEの場合は特別プランがあるので、こちらから登録しましょう。

postfixの設定

 基本的には、Googleの公式マニュアルの通り行っていきますが、postfix周りの設定が不足しています。

 postfixはインストール時には設定無しを選択して進めます。
 インストール後に以下のコマンドで設定ファイルを作成します。

sudo cp /usr/share/postfix/main.cf.dist /etc/postfix/main.cf

SMTPサーバーの設定

 Googleのマニュアルにあるように、パスワードマップを作成します。
 私は何故かcatコマンドだと権限が無いとか言われたので、普通にviでファイルを編集しました。

設定の調整

 設定ファイルに以下を追記。
 your.domainは送信元アドレスとして使用したいドメインを設定。
 他のプログラムの場所については各環境で調整してください。

myorigin = your.domain
relayhost = [smtp.mailgun.org]:2525
smtp_tls_security_level = encrypt
smtp_sasl_auth_enable = yes
smtp_sasl_password_maps = hash:/etc/postfix/sasl_passwd
smtp_sasl_security_options = noanonymous
sendmail_path = /usr/sbin/postfix
newaliases_path = /usr/bin/newaliases
mailq_path = /usr/bin/mailq
setgid_group = postdrop
manpage_directory = /usr/bin/man
message_size_limit = 1048576
mailbox_size_limit = 10485760

 私はエラー通知にしか使わないので、メールボックスなどのサイズを小さめにしています。

 終わったら再読み込みして、コマンドを叩いてみます。

sudo service postfix restart
sudo postfix

 エラーが出なくなるまで調整して、メールの送信が出来るようになれば完了です。

この記事が気に入りましたら、いいね、シェア、購読をお願いします!

🔔 から登録すると、更新をプッシュ通知で受け取れます。

このサイトではクッキーを使用しています。
詳細