MARUMIの特殊効果レンズフィルターのレビューまとめ

 もう廃番で入手困難なフィルターがばかりですが、縁あって入手できたのでレビューというか効果まとめです。

 全体的に室内の小物撮影だと効果が分かりづらいので、今度外出した時に作例を増やしたいところ。

作例について

 特記無い限り、以下のオリジナル画像の設定のまま、フィルタのみ入れ替えて撮影。

カメラNikon D5300
レンズNikon AF-S DX Zoom-Nikkor 55-200mm f/4-5.6G ED
フィルター-
焦点距離70mm
シャッター速度1/30秒
f値4.5
ISO感度800
ホワイトバランス蛍光灯
露出補正+0.7

MARUMI SPOT

 サンドスポットの様な効果を期待しましたが、やはり違うフィルターなので駄目でした…。

MARUMI プラネットシリーズ

 基本的にはスポット系の効果フィルターです。全てのフィルターが自由に回転できるようになっています。

MERCURY

 放射状に溝の入ったフィルターです。
 小物を撮ると強めのフォギーっぽいですね。

MARS

 こちらはMERCURYと似た溝の入り方ですが、溝が渦を巻いています。
 とはいえ室内撮りだとMERCURYとほぼ変わらず。

NEPTUNE

 水平な溝が入っているNEPTUNE。
 不思議な事に、溝の方向と垂直(?)に手振れしたような画になります。

JUPITAR

 NEPTUNEと似ていますが、溝が中心ではない1ヶ所に向かって集まるように引かれています。
 効果もNEPTUNEと同じですが、溝が傾いているため1枚の写真の中でぶれる方向も複数になります。

 別の作例はこんな感じ。2枚目で使用しています。

SATURN

 フィルター中心から同心円状に溝が彫られています。
 MERCURYよりも強めのフォギー感が出ます。

VENUS

 SATURNと同じく同心円状の溝ですが、溝の中心がフィルター中心からずれています。
 効果は他のフィルターと違いが分かりませんね…。

MARUMI TRIANGLE

 像が3つに分かれて写るようになる特殊レンズです。

 自由に回転させる事ができます。
 元々動画撮影用なのかもしれません。回転させる為に、長めの棒が生えています。

 これは風景用ですね…。写る範囲が広くなってしまう為、小物撮影用の背景とそうでない所の境目などが写りこんでしまっています。


 デジタル時代になってこれらの特殊効果フィルターの需要は小さくなってしまいましたが、ファインダーを覗いた段階で出来上がりが確認できるので意外と楽しいです。

 マルミ製のフィルター自体はまだまだ多く出回っています。Kenkoと違ってややエンタメ性の高い商品ラインナップが多い気がします。興味がありましたら是非。

この記事が気に入りましたら、いいね、シェア、購読をお願いします!

🔔 から登録すると、更新をプッシュ通知で受け取れます。