Choose your language. / ja / en / zh
このサイトでは Cookie を使用して、ユーザーに合わせたコンテンツや広告の表示、翻訳、広告の表示回数やクリック数の測定を行っています。 詳細

MastodonはTwitterの代わりにはならないよ

 日本人ほんとこういうの好きですよね。

Mastodonって何?

 マストドンはオープンソースの分散設置型SNSです。

 どうやらITメディアでポストTwitter(Twitterの後にその地位を引き継ぐもの)として紹介されたのがきっかけで、あっという間に日本人のユーザー数が膨れ上がりました。

 最初にこの記事を公開した時点で、世界で一番登録数の多いインスタンス(分散設置されているシステムの1つ)は、ぬるかる(@nullkal)さんという学生さんが自宅サーバーで運営していた為、処理しきれなくなりクラウドへ移転するそう。

MastodonはTwitterの代わりにはならない

 私個人としては、MastodonではTwitterの代わりはつとまらないと思います。
 理由は、MastodonがTwitterの「企業運営のデメリット」を補完する事に重きを置いて開発されているからです。逆に言えば、企業運営だからこそのメリットが無いという事です。

次のセクションから1つずつ見ていきましょう。

個人運営は不安定になりがち

費用問題

 Mastodonは基本的に、個人がソースコードをダウンロードし、自前のサーバーにインストールして立ち上げます。
 自前のサーバーはレンタルでも自宅サーバーでも構いませんが、運用にお金がかかることには変わりません。

 登録ユーザー数が増えれば増えるほどその費用は増大し、個人の趣味で維持する事は難しくなります。
 そこで多くの人は収益化の方法として広告を貼るのですが、Mastodonは公式サイトで広告が無い事を謳っています。
 ライセンス的に商用利用は可能なので、各インスタンスの管理者が広告を貼るのを禁止しているわけではないでしょう。しかし、少なくともユーザーの一定層は広告無しのSNSを求めてMastodonを選ぶのですから、貼ったところで収益率は良くなさそうです。広告が無いインスタンスは他にあるのですから。

 現在は寄付などで資金調達している人も居ますが、話題性が下がった後も継続的に寄付を得られる確証はなく、インスタンスを立ち上げるのは現状とてもリスキーです。
 特に、今は「お試し登録」のユーザーも多いと思われます。現在のユーザー数を元にスペックの良い(維持費が高額な)サーバーに移転した後、ユーザー数が落ち着いた時、再び維持費の安いサーバーへの移転・閉鎖などでのデータ消失は十分に考えられます。
 最近はスケーラブルなIaaS等も多いのでそういった所に移転するのが良いでしょう。

 なお、フォロー関係のデータは、インポート・エクスポート機能があるそうなので、トゥート(Twitterで言うツイート)が消えても良いなら別のインスタンスに登録し直すことはできそうです。

ポルノ問題

 Mastodonでは動画や画像もアップできるようですが、Twitterでもよくあるように、ポルノがアップされる可能性もあります。
 そうするとインスタンス運営者は管理責任等が問われ、場合によっては運営者が逮捕、閉鎖、という流れもありえます。アップロードしたのが他人でも、アップロードされた場所が運営者が所有している・借りているサーバーだと、責任は運営側にもかかってきます。

 ポルノがアップされる度にそれを把握して垢BANできれば理想ですが、判別用の人工知能も人手も無い個人運営では現実的ではありません。
 人工知能APIのレンタル(正しくはAPI)も無いことは無いですが、枚数が増えるとやはり個人の財布から出すのは大変です。

あなたの個人情報が狙われている

 ここまでは主にインスタンスを立ち上げる側のリスクについてお話しました。自分は利用する側だからあまり関係ない、と思った方も居るかもしれませんが、利用する際も注意が必要です。

 Mastodonに限らず、ユーザー登録する際はメールアドレスやパスワード等の情報を運営者のサーバー上に保管する事になります。
 多くのインスタンス設置者はパスワードを平文(何も加工しない状態)で保管はしないでしょうし、配布されているシステムでもそうなっているでしょう。しかし、詳しい人ならソースを改変して平文保管する事もできなくはないと思います。

 また、Mastodonはメールアドレスを確認しないとログインできないため、一度でもログインしたユーザーのメールアドレスは、有効である(人が見ている)と判断できます。

 これらの情報が犯罪者にとってどれだけ価値があるものか。実際、メアドとパスワードを集めるだけ集めてトンズラしたインスタンスは既にあるようです。

 企業がSNSを運営する場合は、きちんとプライバシーポリシーを作り、法律に則って事が進みます。企業が組織的に悪事を働くのは、一人の人間が悪事を働くよりも難しく、ばれた時の代償(会社の倒産)が大きいからです。ですので、私達は普段安心してネットショッピング等ができるのですが、個人運営だといくらでも逃げ道があります。
 例えトンズラされても、その運営者が直接スパム業者やハッカーと取引している証拠がない限り、そして被害が出ない限り、罪には問えません。別のサイトのアカウントが不正ログインされても、「この前トンズラしたマストドンインスタンスの所為だ!」とすぐに言えるでしょうか? 同じメールアドレスやパスワードを、他の所でも使っているなら、他のサイトも怪しくありませんか?
 取引していなくても、セキュリティが堅牢なサーバーを運用する知識が無い人が運営しているインスタンスは、外部ハッカーによってデータを抜かれる可能性もあります。

Mastodonには荷が重い点

 このようなサービスの状態では、まず、有名人や企業の公式アカウントを作る事は困難です。
 個人同士のトゥートの見せあいならば構わないでしょうが、企業の広報アカウントが突如データ消失、ということは避けたいはずです。この点だけは、MastodonがTwitterの代わりをつとめることはできないでしょう。

 あるいは、各企業が自前のインスタンスを持つようになれば、話は別ですが。

 …と書いていた事が現実になりました。この記事を追記修正している現在、日本国内ではPixiv及びニコ動がインスタンスを立ち上げています。やはり企業運営の安心感からか、ユーザー数があっという間に世界で1位2位を争うようになりました。
 Mastodonを企業が運営する事については、最後のセクションで。

Twitterのインフルエンスとインフラは偉大だ

 最後に、なんだかんだでこれも大きな理由です。

 私のこのサイトは、Twitter Bootstrapでデザインされています。また、私はこの記事に幾つかツイートを埋め込みました。
 綺麗に整形する為のJavaScriptはTwitterのサーバーから配信されており、ユーザーは発行される数行のテキストをコピーするだけで高機能な引用ボックスをサイトに表示できます。これは大変なアドバンテージです。

 Twitterは他にもAPIを揃えており、Twitterのアカウントだけでログイン・利用できるサービスも数多あります。
 このような巨大なサービスをMastodonが後継するのは、少なくとも今すぐではありません。

 Twitterの今後も大変気になるところで、多くの人が避難先としてのMastodonと捉えているかと思います。果たしてMastodonは理想の避難先でしょうか。
 安易なユーザー流出の結果、Twitterの後退が早まり、その後すぐに共倒れ、という事にならない事を祈ります。

【追記1】Mastodonの今後の予想と、正しい使い方

 結局ネットサービス大手の企業が運営に乗り出してしまって、ユーザーが偏っている点を見ると、そもそものMastodonの目的があやふやになってきている感がしなくもないですね。
 Mastodonは「1社が潰れてもシステムは生き残る」というシステムで、確かにそれは問題無いのですが、アカウントのデータは生き残りません。
 システムはユーザーが居なければただの概念です。全てのインスタンスにアカウントを持つことは難しく、データの同期や移動もできない状態では、1個人ユーザーにとって、自分が属しているインスタンスの閉鎖は、TwitterユーザーにとってのTwitter社倒産と全く同じです。そうなってしまった後、再び別のインスタンスに登録しようと思うでしょうか。
 個人的には、比較的短命に終わってしまいそうな気がします。実際、日本人だいぶ飽きてきてるし。

 「Twitter」「ツイッター」と比べると(Mastodonの方の)グラフが潰れちゃうので敢えてやってません。結局、盛り上がってるのはツイッタラーの一部なんでしょうね。

 ただ、オープンソースである事や、分散設置型である事が功を奏して、新たな可能性を示唆しています。
 まず、Pixiv運営のインスタンスを巻き込み、ある国では許されているが別の国では違法なコンテンツの取り扱いの議論が起こっています。

 もう一つは、ニコ動による既存サービスとの連携です。

 この辺りが上手くいけば、MastodonはMastodonとして長いコンテンツになる事が出来るかもしれません。

 Mastodonの正しい使い方を考えると、結局、大手企業のインスタンスに参加するか、知識のある人は自分のインスタンスを立てる事でしょうか。自分のインスタンスであれば、自分が飽きるまでとりあえずアカウントは確保しておけますからね。
 私も今後マーケティング的にアカウントがあった方が良いと思ったら、このサイトがあるサーバーに立てたいと思います。スケーラブルだし画像判別APIもあるしGCP最高だぞ←これが言いたかっただけ

【追記2】やっぱり流行ってないじゃん

 この記事は「Twitterの代わりにはならない」というのが主旨なのに、何か勘違いして「流行らない云々ありきたりな事言ってるクソ記事」みたいな感じの事を言ってる人が居ましたが、結果的に流行ってないやん。

 Twitterの代わりになれる日は遠いね。
 ちなみに支部とかが始めたのでアカウントを持っている人は私の周りにもそれなりに居ますが、マストドンやるからには自鯖でやりたいところ(でないと何のためのシステムなんだ)。ところが私の契約してるマシンスペックが貧弱でMattermost(チャットシステム代わりに入れてみました)動かしてるとかなり重いので、ここに更にマストドンはしんどいなあ…という感じ。当分見送り。

  • 安くて便利に本や雑誌をたくさん読む方法

     最近、友人に「電子書籍ってどう?」と尋ねられた事もあり、従来の「本屋で買って読む」以外の読書方法を検討している人も増…
  • SoundCloud

     このサイトでもAPIを利用していて大変お世話になっている音楽投稿コミュニティです。グループ機能やストリーム(Twit…
  • オリジナル曲を無料でカラオケ配信しよう

     意外と知られていないみたいなので、JOYSOUNDの「うたスキ ミュージックポスト」で楽曲をカラオケ配信する方法、及…
  • クレオフーガ

     登録したばかりのサイトですが、機能が良いので触ってみたところだけでも紹介させていただきます。  クレオフーガは作曲…
  • Bandcamp

     最近話題の音楽SNS。音楽を聴く人はファンとして、作る人はアーティストとして会員登録できます。昔のMySpaceに近…