Choose your language. / ja / en / zh
このサイトでは Cookie を使用して、ユーザーに合わせたコンテンツや広告の表示、翻訳、広告の表示回数やクリック数の測定を行っています。 詳細

モバイルバッテリーの選び方

 ポケモンGO配信されましたね。私は持ってる端末が全て非対応だった悲しみに包まれています。

 Ingressを少しやっていたのですが、GPS起動させ続けるのってほんとに電池食います。という事でモバイルバッテリーを選ぶポイントを書いて行こうと思います。

スペックの見方

 大体以下の様な感じです。

容量
~~mAh と書かれているものです。小さなものなら数千mAh、大きなものでも30000mAhくらいです。
私は20000mAhのものを持っていますが、8インチタブレットを2回とスマホを1回くらいは充電できます。
Wh単位の数字が併記されている場合があります。飛行機には160Wh以上のモバイルバッテリーは持ち込めませんので参考までに。
出力
A(アンペア)で書かれています。
私のものは1Aと2.4Aの二つありますが、スマホやタブレットは1Aが適している様です(2.4Aの方はPC接続と誤認される様子)。USB充電の設定をしていればどちらでも充電できるかも。
入力
microUSBがほとんどかと。あまり気にしなくて良いです。
高速充電を謳っていても、容量が大きければ充電に時間がかかるという事実は変わりませんので。また、電源アダプタやPCのUSBポートに依存する所も大きいです。
バッテリータイプ
リチウムバッテリーがほとんど。

意外と重要なポイントはサイズと重さ

 大容量バッテリーの方が容量当たりの単価が安いですし、一度満タンにして持ち歩いていればスマホを何回も充電できて便利に思えるかもしれません。飛行機に持ち込み制限がかかるような巨大容量のものは個人向けには出回っていませんし。
 ただ、そのサイズと重さはかなり注意したい所。

 例えば此方のバッテリー

は私が所持しているものなんですが、一番長い辺が14cm、厚みも3cm近くとかなり場所を取ります。重さに至ってはタブレット本体をゆうに超える重量。
 旅行や出張時に電車内で使ったりするために買ったので個人的には問題無く使えていますが、これを普段使いとして通勤・通学カバンの中に入れておくとなると結構辛いと思います。写真で薄そうに見えてもスマホの何倍も厚みがある事、そして体積の割に重い事は頭に入れておきましょう。

自分の使い方に合わせたバッテリーを選ぼう

 とは言え、一日に何度も充電しないといけないような使い方をするなら大容量を選びましょう。少々の重さは我慢です。

 一日に1、2回しか充電しなくて良い、或いは出先でバッテリーチャージがこまめにできる為、非常用として持ち歩きたい場合は、10000mAh以下の軽いバッテリーをおすすめします。
 私も普段は2000mAhのものを持ち歩いていますが、スマホなら1回分くらい充電できるのでこれだけでも助かります。

 また、小型のバッテリーはデザイン重視のものも多くて選ぶのが楽しいです。

持ち運ぶときの注意点

 バッテリー本体とは別にUSBケーブルも必要です。普通はスマホ・タブレット本体やバッテリーに付属しているので大丈夫です。
 一応電池ですので、ショート対策の為にも、鞄にそのままつっこむのではなく、何か小さなポーチにケーブルと共に収納して持ち運ぶのが良いでしょう。

 また、充電中は温度が高くなる場合があります。他のもののプリントや塗装を溶かしてしまう事もありますので、鞄の中に入れたまま充電する時は注意してください。