新一万円札の渋沢栄一ってどんな人? 王子に史料館があります

 最近は東京の王子付近の公園やら博物館やらに通っていました。
 ちょうど渋沢史料館や、お札と切手の博物館に行った直後に紙幣刷新のニュースがあって驚きました。

 どの施設もお互いに近く、お手頃価格です。これから行ってみようかなという人向けに、まとめてご紹介します。

飛鳥山公園内の施設

飛鳥山公園

 渋沢史料館(旧渋沢邸)は飛鳥山公園内にあります。
 飛鳥山公園はJR/東京メトロの王子駅から南西方向へ。

 写真の様にパークレールもありますが、いつも並んでいます。
 小山は階段で登ってもさほど大変ではありません。

渋沢史料館

史料館

 旧渋沢邸跡地に建っています。
 渋沢栄一の功績を紹介している他、特別展で関連する人物の展示も行っている事があります。

 後述の北区飛鳥山博物館、紙の博物館にも入る場合は、三館共通券を購入するとお得です。
 三館共通券は有効期限が3ヶ月間ありますので、同日に入る必要はありません。

旧渋沢庭園

 史料館に入るチケットで、旧渋沢庭園内の青淵文庫および晩香廬が見学できます。
 どちらも素敵な建物です。

 旧渋沢庭園内は、飛鳥山公園内の他の場所と違って桜が少なく飲食も禁止ですが、その代わり人が少ないので、人混みに疲れたら入ってみると良いと思います。

北区飛鳥山博物館

 王子周辺(北区)の歴史を学べる博物館です。
 先史時代から現代まで、沢山の展示があって面白かったです。特に地元の人には楽しいのではないのでしょうか。

紙の博物館

 渋沢栄一は王子製紙(現:王子ホールディングス株式会社)の母体となる会社を立ち上げた人物です。
 その為、関連して紙の博物館が設置されています。

 他の2館と比べて規模が小さめなので、比較的短時間で観れると思います。

王子駅付近の施設

お札と切手の博物館

 駅を挟んで飛鳥山公園と反対側に少し歩いた所に、お札と切手の博物館があります。
 渋沢栄一はまだお札になっていないので関係ありませんが、印刷技術や世界のお札・切手が紹介されています。

 入館無料ですが、混んでいない時はスタッフの方が解説などもしてくださいます。

 周囲に飲食店が多いので、お昼のついでにでも是非入ってみてください。

近隣駅の施設

旧古河庭園

 王子から1駅の、西ケ原駅または上中里駅から少し歩いた所にある庭園です。
 ちょうど今の時期は薔薇が見頃の為、かなり混んでいます。しかし、綺麗な写真が沢山撮れて良かったです。

 薔薇園の他には日本庭園が広がっており、入園料も150円とお手頃なので、通いたくなってしまいました。
 もう一駅先になりますが、駒込駅の南側にある六義園との共通チケットを買うと、トータル費用が割引されます。

 素敵な洋館が建っていますが、こちらへの入館は別途800円が必要(基本は予約制)。
 枠があれば当日飛び入りも出来ますが、今の時期は無理そうです。

地図

おまけ:渋沢栄一記念館

 私は行った事が無いのですが、深谷市に渋沢栄一ゆかりの別の博物館もあるようです。

読者アンケート

この記事が気に入りましたら、いいね、シェア、購読をお願いします!

🔔 から登録すると、更新をプッシュ通知で受け取れます。

このサイトではクッキーを使用しています。
詳細