サンプラーのVSTプラグイン

VSTプラグインとして使えるサンプラーまとめ。
フリーのものからプロダクトまで。

Iris 2 by iZotope

とりあえずこれがあれば一通りのことはできそうです。
最初から素材も沢山入っています。

画面が直感的でわかりやすいので、サンプラー初心者でも使いやすいです。
サンプルの時刻・周波数平面でどの部分を使うのかを、マウスの一筆書きで選択できてしまう所はすごいですね。

セール情報

定価17,270円ですが、2021年7月31日まで$9.99セール中。
この値段なら買って持っておく価値はあると思います。

私自身はバンドルセールで購入しました。
2021年8月31日までは以下のバンドルで購入できます。

TX16Wx Free

SONARでサウンドフォントを使うとすると、sfzやsfz+を使う方も多いと思います。
私もそうしていたのですが、最近これらの調子が悪く、サードパーティーのsfzの音が鳴らなくなったので、こちらのソフトウェアサンプラーを使い始めました。

サウンドフォントをVSTで使えるようにするプラグインは他にもありますが、TX16Wxは対応拡張子が多く他の物より多機能なので、特にこだわりが無ければこれを使っておけば間違いないでしょう。

なお、sfzを読み込むときは以下のボタンをクリックします。

KONTAKT 6 PLAYER Free

こちらもサンプラーなので自分で用意した素材などを使ってマッピングしたりできます。
以下の記事が詳しいです。

Cataract by Glitchmachines

対応OSWindows / Mac
定価 69 USD
おすすめ度
★★★☆☆
Cataract

説明が難しいのですが、グリッチっぽい音を出せるサンプラーです。
複数の音を組み合わせてエフェクトをかけ、奇天烈な音を出す事が出来ます。
シンセに近い所があります。

VST/AUで動作。
プラグインを購入すると、サンプル素材やプリセットも多数ついてきます。

2021年7月26日まで、他のプラグインとバンドルで90%OFFの特価セール中。多分過去最安タイ。

読者アンケート

この記事が気に入りましたら、いいね、シェア、購読をお願いします!

🔔 から登録すると、更新をプッシュ通知で受け取れます。

このサイトではクッキーを使用しています。
詳細