Choose your language. / ja / en / zh
このサイトでは Cookie を使用して、ユーザーに合わせたコンテンツや広告の表示、翻訳、広告の表示回数やクリック数の測定を行っています。 詳細

今後の動画配信とビデオ通話はどうなるのか

 YouTubeが悪質なアフィリエイターを駆逐するため、総再生数1万未満のアカウントは広告表示による収益の受け取りが出来ないようにしました。

 仕方がない事とはいえ、制作費の足し程度でも…と思ってやっているアマチュアクリエイターには辛い話です。

 最近はさらに厳しくなって、チャンネル登録数の制限もできましたね。

動画投稿サイトの現状

ニコニコ動画の終焉は近いのか

 ではニコ動のクリエイター奨励プログラムに力を入れるか、と思っても、ニコ動はこのところ問題を起こしてばかり。私を含め、ニコ動に愛想を尽かして去る人が今後も増えるでしょう。
 心理的な面だけでなく配信面でも、低画質であったり度々追い出されたりと、もはやニコ動に他の動画サイトに勝る利点はありません。けものフレンズの事件は記憶に新しいですよね。

 上記二つのサイトは、投稿したコンテンツに対してユーザーが収益を受け取れるというありがたいシステムを有していますが、実際これで生活できている人はごくごく一部です。
 小遣い程度でも稼ぎたい人には選択肢がありませんが、YouTubeはともかくニコ動は少し雲行きが怪しい。
 流石にすぐに閉鎖したりはしないでしょうが、実際問題として無料会員の投稿数制限など、ユーザーが離れる要因は作られています。

 個人的に、無料会員の投稿数制限に殆ど効果は無いと思っています。
 同様に投稿時間制限があるSoundCloudでは多く見かけるのですが、複数アカウント使いが増えるだけなのです。因みに、SoundCloudはGoogleが買収するとかしないとか。

 Googleに吸収されたら安泰ですがねえ…。Googleは流行らないサービスはすぐにやめますが、サンクラはそれなりにユーザー居ますし。

 話が逸れましたが、有料会員を増やすには、無料で出来ることを制限するのではなく、有料で出来ることを増やす方がきっと得策です。

今後期待される中国サービス

 ところで収益を直接得なくても良いならば、これ以外にも今後盛り上がりそうなサイトはあります。
 動画投稿サイトとしては、中国のbilibili動画が台頭してきています。

 ニコ動のパクリ様に流れるコメント機能があり、VPNを利用しないとニコ動にアクセスできない中国国内のクリエイターによく利用されています。中国語サイトですが、母語が中国語ではないクリエイターも登録、投稿しています。
 以前は海外のUTAUユーザーはYouTubeを使っている事が多かったのですが、ビリビリがその舞台に立ち変わる日も近いかもしれません。

 ところで、中国には他にもTudou、Youkuという古参かつ規模の大きい動画サイトがあります。
 この辺りがあまり盛り上がっていないのは、転載を放置する運営態度が災いしているのでしょうか。ビリビリにも転載は結構ありそうなので、やはり機能面がものを言っているのでしょうか。
 中国の動画サイトに転載された時の話は過去記事で。

 Twitterは、動画機能が付いたときこそ盛り上がったものの、あくまで一般の人が日常や面白いネタをツイートするためのものに落ち着いた感じがしますね。
 クリエイターでも試作や広報用の動画を流すことはあるようですが、作品を管理するという面では不便極まりないので。

 ともかく、音楽クリエイターであれば動画そのもので稼がなくても、動画で客寄せして音楽配信サイトで回収という形態も取れますから、柔軟な思考で今後を見守っていきたいところ。

変化する動画配信サイト

 ニコ動にはリアルタイム配信(生放送)機能もあり、お金を払えば自分のコミュニティを作って配信できます。
 もちろん他にも動画配信サイトはたくさんあります。ツイキャス、FC2ライブ、YouTubeライブ(旧ハングアウトオンエア)、IBMに吸収されましたが旧Ustream(現IBM Cloud Video)等です。

 企業の利用も多く、個人的に安定していると思っていたUstreamの吸収はショックです。ツイキャスも一時ものすごく流行っていた気がするのですが、リアルタイム配信はサイト毎のブームの移り変わりが速いのでしょうか。

 今すぐにサービス終了しそうなサイトはありませんが、おすすめできるサイトもありません。YouTubeライブやFC2は配信内容を保存しておけますが、FC2はアダルトコンテンツの問題を抱えていますし、Googleはしょっちゅう運営方針を変えるからです。

Googleが苦手とするコミュニケーションサービス

 ハングアウト繋がりでIM(インスタントメッセンジャー)の方のハングアウトの話をします。Google的にはハングアウトは企業向けのサービスにする予定らしく、既に後継の個人向けアプリがリリースされています。

 Googleはこういったコミュニケーションサービスの運営は苦手なようで、GmailとInbox以外のほとんどのサービスが紆余曲折を経て終了したり移行を促されたりしています。Voiceは辛うじて息してるけどTalkは死んだ。あとWaveとか。

 今後考えられる事としては、ハングアウトはG Suiteのユーザーのみの機能となってしまうかもしれません。
 現在、ハングアウトを使って作業画面を共有しながらチャットしたり話すクリエイターの方もいらっしゃいますが、一旦Skypeに戻る事になるのかなと思います。LINEは使った事が無いのでわかりませんが、なんだかんだでSkypeは息が長いですし。
 Skypeは仕事で使っていますが地球の反対側の相手ともほとんど全くタイムラグ無く会話出来て凄いです。

 もう少ししたら皆がそれなりのサーバーをほぼ無料で持てるようになって、また個人サイトにチャットルームとか絵とか置いてた頃みたいに、メッセンジャーや動画を置くようになっていたら面白いですね。