14種類の鍵盤楽器を収録した音源「Essential Keyboard Collection」のレビュー(聴き比べあり)

手頃な価格でキーボード楽器の音源を揃えられる「Essential Keyboard Collection」のレビューです。
聴き比べ用デモ音源あり。

Essential Keyboard Collectionの基本情報

対応OSWindows / Mac (64bit)
定価 99.99 USD
おすすめ度
★★★★☆
音質・音色★★★★☆
機能性★★★★☆
動作の軽さ★★★★☆
Essential Keyboard Collection by SONiVOX

14種類の鍵盤楽器の音色を搭載した音源(サイトでは13種類となっていますが実際には14)。
サイトに記載がありませんが、スタンドアローンとして動作する他、VST/AAXプラグインとしても動作します。

音を長く伸ばすと僅かにうねったりして、音色はめちゃくちゃ良いとは言えませんが、実売価格と機能を考えれば及第点。
もう少し立ち上げや音色のロードが早ければ、サクッと音を鳴らしたい時に便利なんですけどね。

音色の紹介

  • MIDIはCC0の『エリーゼのために』を使用
  • 音量調整やMIDIの編集など一切なし(但しテンポのみ110で録音)
    音が小さかったり大きかったりしますが、ベロシティ感度のプレビューも兼ねてそのままにしてあります。
  • 各音源・音色のデフォルトの設定のままで録音
    最初から音源の機能でリバーブなどのエフェクトがかかっていたら、それらは含まれています。

入っている楽器は以下の通りで、プリセットもそれぞれ数種類ずつ用意されています。

  • Steinway Grand Piano
  • Upright Piano
  • Yamaha Grand Piano
  • Rhodes Mark I
  • Rhodes Mark II
  • Wurlitzer
  • Pianet
  • Harpsicord
  • Toy Piano
  • Clavinet
  • Harmonium
  • Tonewheel Organs
  • Church Organ
  • Celeste(公式サイトに記載がありませんがモデルとして入っています)

全部音域自体はあるのでピアノ曲のデモですみません。
モデルによってはUI上の鍵盤数が少ないものもありますが、実際にはその外側にも鳴る音域が存在します。

Toy Pianoが入っているのが嬉しいですね(楽曲での使いどころはあまり無いのですが…)。

ピアノ系の音源は他の音源を持っていると今一歩…という感じですが、その他のモデルについては十分使えそうです。

機能面

調整できるパラメーターはモデルによって異なります。
それほど多くないので、がっつり音作りをするタイプの音源ではありません。

リバーブは全モデルで共通。
部屋の大きさとミックス具合を調整するだけのシンプルなものです。
オフにして別のエフェクトをかける方が、他のトラックとの馴染みも良いでしょう。

注意点

インストール時に、既にPCに入っているiLokのバージョンが古いとiLokのアップデートに失敗してiLokが壊れる場合があります。
iLokのアプリのバージョンを最新にし、ライセンスキーを登録してからインストールしましょう。

セール情報

単体だとセールで1000円台前半程度までは安くなるので、急ぎでない場合はセールを待ちましょう。

Plugin Boutiqueで購入すると、2021年10月の購入者プレゼントでHeavyocity PUNISH Liteが貰えます

2021年10月19日まで、同じくSONiVOXのARP 2600をエミュレートしたシンセTimeWARP2600と合わせて約3200円のバンドルセールが行われています。
シンセがついてくる分少し高いですが、単価的には購入しても良いラインだとは思います。

喜歡,分享或訂閱,如果您喜歡這篇文章!

🔔 から登録すると、更新をプッシュ通知で受け取れます。

該網站使用cookie來確保您在我的網站上獲得最佳體驗。
更多細節