Choose your language. / ja / en / zh
このサイトでは Cookie を使用して、ユーザーに合わせたコンテンツや広告の表示、翻訳、広告の表示回数やクリック数の測定を行っています。 詳細

SONYのモニタリングヘッドホン「MDR-7506」

 いわゆる「青ライン」です。

型式
ダイナミック密閉型
ドライバーユニット
口径40mmダイアフラム
感度
106dB/mW
再生周波数帯域
10-20000Hz
インピーダンス
63Ω
最大入力
1000mW
コード長
3m(カールコード)
入力プラグ
3.5mmステレオミニ/6.3mmステレオ標準
質量
230g

 モニタリングヘッドホンについて知らない人向けに簡単に説明しておくと、音を「制作する」事に特化したヘッドホンの事です。
 通常私達が店頭で購入するヘッドホン・イヤホンはリスニング用で、音楽を聴く人の好みに合わせて装着感だったり音の周波数に対する特性があります。例えば低音重視型とか。
 ですが音楽を制作する側に立ってみると、そういったヘッドホンでMIX等をした場合、他のヘッドホンで聴くと「なんだか低音が全然聞こえないなあ」といった事が起こりえます。制作する時は、なるべく音を歪ませずに再生出来るモニタリングヘッドホンが必要です。

 この青ラインは国内の業界標準であるモニタリングヘッドホンの赤ラインの逆輸入盤です。赤ラインとは少し仕様が異なります。

 モニタリングヘッドホンとして売られているものの中にはもっと安価な品もありますが、5000円以下のものは名称や分類だけはモニタリングとなっていてもかなり音が歪むので、やはり最低でも1万円程度は出すべきだと思います。

音質

 音質は文句ありません。もっと高いヘッドホンならもっと良い音がするかもしれませんが、素人がDTM制作に使う分ならこれで十分だと思います。
 これまで使っていたリスニング用とは違い、どの音域のオケが薄いかや、マスタリングのしすぎで音がふらふらしている部分等がよく解るようになりました。もう古い音源聴きたくないですorz(へっぽこすぎて
 遮音性についてはよく解りません。

装着感

 締め付けが少し強いので、眼鏡をかけている人は痛くなるかもしれません。私自身も長時間の装着は難しいかなと思うので、仕上げ(MIX・マスタリング)用にしようかなと思っています。
 また、アジャスターの引っかかる部分の溝が浅いので、ほぼ摩擦で止まっている様な感じです。両脇からの締め付けが強いので装着中にずれたりはしませんが、ちょっと引っ張っただけで長さが変わりそうでなんだか不安。
 また、カールコードは引っ張られる感じがするのと、ヘッドホン自体が重いので、この辺も考慮すると試着できるお店で被ってみて検討するのが一番かと思います。

注意点・その他

 変換プラグがネジ式なので、一般に売られていたり付属している抜き差し式の変換プラグは使えないという点です。変換プラグを失くしてしまって別の物を購入する時は気を付けてください。

 付属品は他にキャリングポーチが付属します。このヘッドホンは折り畳み式なので、あちこち移動して使われる方にも向いています。

  • M-AUDIO SP-2

    M-Audio フットペダル 電子ピアノ・キーボード対応 SP-2M-Audio SP-2は、リアルなペダル・…
  • 安価な61鍵MIDIコントローラ「UMX610」を購入しました

     ついに購入しましたBehringerのMIDIコントローラUMX610。UMXシリーズは輸入品の為日本語での情報が少…
  • パソコンで市販のブルーレイディスクを観る

     映画や舞台の円盤を買われる際はBlu-rayを強くお勧めしています。私も昔はDVDで舞台の円盤を集めていましたが、一…
  • SONY Walkman NW-E063

     全然DTMとは関係無いのですが今使っているウォークマンを紹介しておきます。  買ったの大分前なので、私が使っている…
  • 悪魔の子供

    未来[あす]をお食べよ 飽きる程 口に合わぬなら希望[ゆめ]を 望んで壊して手に入れることだけ 学んで来た可愛い…