Choose your language. / ja / en / zh
このサイトでは Cookie を使用して、ユーザーに合わせたコンテンツや広告の表示、翻訳、広告の表示回数やクリック数の測定を行っています。 詳細

SONYの廉価ヘッドホン「MDR-XD100」

 制作に使用していたヘッドホンです。

型式
密閉ダイナミック型
ドライバーユニット
口径40mm(CCAWボイスコイル採用)(XDロングストロークダイアフラム)
感度
100dB/mW
再生周波数帯域
12-22000Hz
インピーダンス
70Ω
最大入力
1500mW
コード長
約3.5m OFCリッツ線
入力プラグ
金メッキステレオ2ウェイプラグ
質量
約175g(コード部分を除く)

 当時はヨドバシカメラに置いていたMDRシリーズ(というかSONYの大型ヘッドホン?)の中では最廉価の商品でした。ですが、ビギナーにはちょうど良い製品だと思います。
 これでも同じ価格帯のポータブルプレイヤー用のイヤホンとは比べ物にならない程音が良くなりますし、プラグが通常のミニジャックとオーディオインターフェース用の大きいものと変換できるので、途中でオーディオインターフェース等を使う事になっても対応できます。

 私がこのヘッドホンで一番気にっていた点は、装着感です。フレームはプラスチックですが、余計な装飾が無く軽いので長時間作業していても痛くなったりしませんでした。
 どうしてもイヤホンや耳かけ式などのものは長時間の装着で痛みや疲れが出て来ますので、少しDTMをやってみたいけどそれを趣味として続けるかどうかわからない、という人がとりあえず買うものとしては十分です。

 ただ、価格が価格ですので音質や耐久性等の期待はしないで下さい。まだ二、三年ほどしか使用していませんが、音量を変える時に右側がザリザリ言うようになったので、新しいヘッドホンに換える事にしました。→どうやらオーディオインターフェース側の接触不良の様子。
 確かに安物のイヤホン(と言ってもこのヘッドホンも私は2000円程度で購入したのですが)よりはマシですが、もっと上位の制作用モニタリングヘッドホンとは勿論比べられません。

 また、密閉型ですが遮音性は殆ど無く、音漏れや周囲の音が気になる人はもっと高価なヘッドホンにしましょう。
 モデルとしても、モニタリング用というよりはリスニング用のシリーズのものなので、やはり本格的に制作したい人にはもっと高価格帯の製品をお勧めします。

  • SONYの廉価ヘッドホン「MDR-XD150」

     MDR-XD100が断線してしまったので後継機に買い換えました。 ソニー SONY ヘッドホン MDR-X…
  • M-AUDIO SP-2

    M-Audio フットペダル 電子ピアノ・キーボード対応 SP-2M-Audio SP-2は、リアルなペダル・…
  • TRI-CAPTURE (UA-33)

    Roland ローランド オーディオインターフェイス TRI-CAPTURE UA-33●ご入金確認後のお客様…
  • SONY Walkman NW-E063

     全然DTMとは関係無いのですが今使っているウォークマンを紹介しておきます。  買ったの大分前なので、私が使っている…
  • SONYのモニタリングヘッドホン「MDR-7506」

     いわゆる「青ライン」です。 SONY ステレオヘッドホン MDR-7506プロフェッショナルの使用に応える…