『TAMRON 18-270mm F/3.5-6.3 Di II VC PZD』を旅行の為に衝動買いした

 結局Nikon AF-S DX Zoom-Nikkor 55-200mm f/4-5.6G EDだと近くが撮れなくて不便なので、高倍率ズームを買ってしまいました…。

TAMRON 18-270mm F/3.5-6.3 Di II VC PZD B008N のスペック

マウントニコンFマウント
焦点ズーム
焦点距離18--270mm
最短撮影距離49cm
最大投影倍率0.26x
開放F値3.5--6.3
絞り羽7枚
フィルター径62mm
重さ450g

 マウントの傷は中古で入手したためです。

 ホワイトバランスいつもと違うので撮ってしまって、PCでRAWから現像しなおしたのですがそれでもなんか赤い…。

中古入手前提で聞いてほしいお話

 中古での入手なので、手振れ補正やAFオンだとたまにシャッターが切れない点が、このレンズの特性なのかどうか判断付かず…。(マニュアルだと撮れる)
 普通に撮れる時は撮れるのですが、フォーカスに迷ったりするような場面だと延々と切れなかったりします。動物の撮影は難しいかな…。

 古いモデルなので新品も値下がりフェーズになっていますが、今から買うならB018Nを新品で買う方が良いかも。

 APS-C機での望遠は200mmでも飛行機や天体を撮らない限り十分な事が多いです。

画質は悪くない

 高倍率ズームはズーム側の画質が悪いと言われますが、旅行の思い出記録用に買ったので個人的には許容範囲です。
 以下は作例。


 これ買ったのでNikon AF-S DX Zoom-Nikkor 55-200mm f/4-5.6G EDは売ろうかな、と思ったのですが、今持っている中で一番軽いズームレンズなので、他のレンズと2本持ちで出かける時には結構選んでしまったり…。

この記事が気に入りましたら、いいね、シェア、購読をお願いします!

このサイトではクッキーを使用しています。
詳細