Choose your language. / ja / en / zh
このサイトでは Cookie を使用して、ユーザーに合わせたコンテンツや広告の表示、翻訳、広告の表示回数やクリック数の測定を行っています。 詳細

刀剣乱舞のアンソロジーコミックを色々レビューするよ

 活撃アニメ始まりましたね! 今回はシリアス展開が期待されるのでシリアス好きとしては待ち遠しかったです。

 これを機に刀剣乱舞-ONLINE-のゲームを始める人も多いかと思います。ちょうどご新規さん向けのキャンペーンもやっているので、ぜひ登録してください。私は巴形薙刀と貞ちゃんと明石を探します…資材…。

 アニメ・舞台とメディア展開を広げている刀剣乱舞ですが、花丸と同様、活撃も漫画が連載されるらしいですね。漫画といえば、刀剣乱舞は既に公式(アンソロジー)コミックがいくつも出版されています。
 私もすべてを揃えているわけではありませんが、せっかくなので所持しているものについて紹介します。アンソロジーだと、どうしても登場キャラクターに偏りがあるので、ネタバレにならない程度にその辺もお教えします。

 無料サンプルはDMMのリンク先でご確認ください。

スクエアエニックスのアンソロジー

 毎回、左文字派および日本号のゲーム公式イラストを担当されている鈴木次郎先生が、巻末にプレイ日記や関連のあるイベントのレポートを寄稿されています。左文字・日本号ファンは購入必須のシリーズです。

 このシリーズの良い所は、徐々に掲載作品のレベルが上がってきているところ。アンケートはがきが入っているので、質の向上に努めているんですね。
 ですので、純粋に作品の面白さや絵の綺麗さを求めるのなら、最新のを買うのがおすすめです。ですが、やはりこういうのは出てくるキャラクターに重きがあると思うので、以下簡単にご紹介。

刀剣男士幕間劇

 今回ご紹介する漫画の中では最も出版日が早く、リリース時に実装されていた刀剣のみ出てきます。
 やはり当時から人気のあったキャラクター(まんば、おだて、三条、一期、薙刀直し組など)がメインの話が多いですが、偏ってはいません(まんばと長谷部、三日月のメインキャラとしての登場回数は多いかな…)。

 話の系統としては、大きく分けて感動系とギャグ系の2パターンあります。

スクエニの陣

 2016年の夏に出た本。持った感じだと、今回紹介する中では、この本が一番ページ数が多いです(多分)。
 前作との間に新しく実装された刀剣男士は表紙に居るだけで、中にはあまり出てきません…。一応、明石と髭切・膝丸の話はあります。

 また、鳴狐の話や来派の話もあります。他ではあまり見ないので、当該キャラが好きな人は買い、だと思います。
 個人的に一番好きなのは国広兄弟の話。

刀剣男士新風録

 まさかのみふねたかしさん(いらすとやの人)がカラーイラスト寄稿してる…。

 この本は比較的最近実装された刀剣男士がメインの話がほとんどです。帯には小烏丸、包丁藤四郎、大典太光世、太鼓鐘貞宗、千子村正とありますが、他には数珠丸恒次や大包平、亀甲貞宗もいます。割合としては包丁、大典太、小烏丸が多いです。
 古くから居るキャラクター目当ての人にはあまりお勧めではありません。

 一番好きなのは亀甲の話。亀甲はやく私の本丸にも来て…。

戦陣

 萩尾望都先生がイラストを寄稿されているということで購入。
 B's-LOGの方でも何冊か出ているようですが、私はこの『戦陣』のみ所有しています。こちらのシリーズでは毎回有名な先生にイラスト寄稿をお願いしているようです。

 カラーイラストもスクエアエニックスとは違った重厚美麗な雰囲気のものが多いです。(スクエニのはもっと彩度が高いイメージ)

 内容は結構面白いです。一番好きなのは三名槍の話。
 大太刀メインの話があるのはちょっと珍しいかな。あとは短刀メインの話など、刀種ごとの話の割合が多いですね。
 比較的最近実装された刀剣で出てくるのは、亀甲貞宗など。

 収録話数は多くありませんが、その分各話のページ数が長いので、ストーリーを楽しみたい人はこちらのシリーズの方が良いと思います。(このシリーズの他の巻持っていないので確かではありませんが…)

4コマらんぶっ~ぷちらんぶっ~

 ほのぼのギャグ4コママンガです。アンソロジーとありますが作者の方は一人です。

 出てくるキャラクターは連載当時に実装されていた刀剣です。おそらく本のカバーに全員載っていると思います。
 出現頻度に差はあると思いますが、4コマなので気になりません。(青江とか良く出てくるかな?)
 敵さんも結構出てきます。私は結構、敵さんの話が好きです。

 絵柄に好き嫌いはあるかもしれませんが、アンソロジーの中では比較的面白い漫画だと思います。日常系漫画が読みたい人にはお勧めです。

 実はこれよりも前の4コマシリーズ

 所謂「学パロ」です。結構前(2015年)に出版されたものなので、最近実装されたキャラは出てきません。
 私はファンだった某漫画家さんが寄稿しているので買ったのですが…まあ、彼女の話はまた今度。

 私は左文字のカラーイラストとお話が収録されているだけで満足なんですけど…(宗三が表紙!)、やっぱりにっかりの話が一番面白かったです。
 出てくるキャラクターは粟田口、新選組、伊達組(当時貞ちゃん未実装なので貞ちゃん以外)あたりが多いですかね。まんばの話もあります。


 以上、簡単にですが紹介でした。

 紹介するためにパラパラ読み直してて気付きましたが、私割とギャグマンガが好きなんだなあ…。あと、隠れにっかり推しだという事を認識しますね!