Choose your language. / ja / en / zh
このサイトでは Cookie を使用して、ユーザーに合わせたコンテンツや広告の表示、翻訳、広告の表示回数やクリック数の測定を行っています。 詳細

安価な61鍵MIDIコントローラ「UMX610」を購入しました

 ついに購入しましたBehringerのMIDIコントローラUMX610。UMXシリーズは輸入品の為日本語での情報が少ないので、初心者ながら使い方等をまとめてみます。

製品について

 61鍵盤で16000~20000円程度で購入できるMIDIキーボードです。61鍵標準鍵盤でこの価格というのは他と比べると安価な製品です。
 安価ながらオーディオインターフェースBEHRINGER UCA222が付属しており、無料でDAWのTRACKTION 4がダウンロードできたりするお得な製品です(それら要らないのでもっと安くしてくれとも思いますが;)。また、ハードの頑丈さを売りにしており、製品登録をする事で3年保証プログラムに登録できます。

 コントローラの割り当てを保存するには単三電池三本が必要ですが、USBバスパワーでも動作する為、別途電源アダプターを購入する必要はありません。
 MIDIで他の機器と接続する場合は、電源(電池/アダプタ)と別途MIDIケーブルが必要です。

 キータッチは思いっきりバネです。鍵盤が上がる時にカシャカシャ音が鳴ります。
 サスティンペダルの極性はKORG・CASIOと同じです。SP-2のスイッチを1番にして挿すだけで快適に使えています。

UMX610

 デザインは写真で見るよりは深みのあるメタリックな赤なので、普通の艶消しの黒のコントローラよりも華やかで、思ったよりもかっこ悪い印象ではありません。
 普通は問題にならないと思いますがかなり高さがありましたので、どこかに収納して出し入れして使う場合は寸法に注意してください。
 また、スイッチやケーブルの接続部は本体左端にあります。私は机の形状の都合でサスティンペダルのコード長さがギリギリでしたので、場合によってはケーブルや機器の配置に留意した方が良さそうです。

製品を購入したら(ダウンロードできるもの)

TRACKTION 4

 まず、箱の中に入っている保証書及びUCA222本体裏に貼り付けてあるバーコード下のシリアルキーを使って此方のページから製品登録をしましょう。
 するとTRACKTION 4のダウンロード用シリアルキーが送られて来ますので、TRACKTIONのサイトのREDEEMからシリアルキー・ユーザー情報を登録してダウンロードします(サイトの日本語がたどたどしいので注意)。新規登録の場合は一旦メール認証が必要です。
 ヴァージョン5の方も落とせるようになっていますが、おそらく無料で利用できるのはバージョン4だけでアップグレード料金が必要かと(試さないけど)。

Documentation

 また、公式サイト(記事下にリンクがあります)からマニュアル等の必要な物をダウンロードします。
 Documentationではクイックスタートガイド(箱の中に入っているやつ)とマニュアル(同梱されてないやつ)がダウンロードできます。日本語版もあります。

Apps

 必要無ければダウンロードしなくて構いません。
 All Software (Win)では正常に全てのAppsをダウンロードできますが、All Software (Mac)の方はやけに軽いなと思ったらEffectsのみ中に入っていたので、個別にダウンロードした方が良いでしょう。

Audio Software (Win)
全てフリーソフトですので此処でダウンロードするより公式サイトで最新版を入手した方が良いでしょう(PodNovaなんかは公式が開発をやめたみたいですし…)。
Instruments (Win) / Effects (Win)
VSTプラグイン集です。ご丁寧に一つ一つzip圧縮してあります;
Hosts (Win)
DAWで使用するなら必要無いと思いますがDomino等で使用するなら入れておきましょう。

 Mac版の中身やVSTの詳しい情報などはまた後日更新します(大変なので)。

Drivers

 こちらはWindowsの場合はダウンロード必須です。Macの場合は必要ありません。
 自分のOSのbit数に合ったUSB Audio Driver(オーディオインターフェース用)とUSB MIDI Driver(キーボード用)をダウンロードしてください。
 ASIO4ALL USB Audio Driverについては必要無い人も居るかも。

使い方

 マニュアルに書かれているような事(コントローラの割り当てとか)は書きません。

ドライバーのインストール

 まずは先程ダウンロードしてきたドライバーをインストールしましょう。ASIO4ALLは普通にインストールするだけですが、他の二つは途中で機器の接続を求められますのでどっちがどっちか間違えないように。キーボードは接続してから電源を入れて出来ました。
 また、再起動を求められます。全てのドライバーを入れてからまとめて再起動すると何回もやらなくて済みます。実際に使用する前に必ず再起動してインストールを終了してください。
 また、やった事が無いのでわかりませんが同時に複数のオーディオインターフェースを接続すると不具合が起こりそうなので他の物は接続を解除してからUCAを接続しましょう。

ソフトウェアのMIDI INに設定

 VST HostやDAW等でMIDIのINデバイスを「UMX 610」に設定します。これだけで鍵盤を押せばMIDI入力されるようになります。

 Kontaktで使用する場合はボタンB5-B8に機能を割当てろとの指示が表示されますので、電池を入れて本体に記憶させておくと良いでしょう。

UCA222について

 BEHRINGER UCA202の色違い(後継機?)です。
 RCAの入出力(2つずつ)と、光学(光ファイバー)出力が一つ、ミニプラグのヘッドフォン出力があります。ASIOにも対応。

 アナログ機器を持っていないので私の家では暫くお蔵入りの予定です(TRI-CAPTURE持ってるし)。
 サイズが小さく、UMX本体も(61鍵は流石に持ち運べませんが)消費電力が低くiPadからの電源供給でも動くらしいので、25鍵なんかとこのオーディオインターフェースなら持ち運んで使うというやり方も出来るでしょう。
 ただ残念なのは、本体が小型なので仕方無いのですが、ヘッドホンジャックがミニプラグだという事ですかね…。一応、標準プラグのヘッドホンをミニプラグに変換する変換プラグはありますが、あまり選択肢の幅は広くありません。

  • TRI-CAPTURE (UA-33)

    Roland ローランド オーディオインターフェイス TRI-CAPTURE UA-33●ご入金確認後のお客様…
  • SONY Walkman NW-E063

     全然DTMとは関係無いのですが今使っているウォークマンを紹介しておきます。  買ったの大分前なので、私が使っている…
  • SONYのモニタリングヘッドホン「MDR-7506」

     いわゆる「青ライン」です。 SONY ステレオヘッドホン MDR-7506プロフェッショナルの使用に応える…
  • コンピューター

     DTM制作に使用しているパソコンの紹介です。これからDTMや歌唱合成を始めてみようと思っている人の参考になれば。 …
  • two

    あの日遠くに見えた君の姿 紅く夕焼けに染まった空から雨が一粒落ちて 歌えないのなら心の中だけでもいいさ 俺は寛大…