Vプリカ等が使えた&使えなかったサイト・サービスのメモ

Vプリカ・Kyash・メルペイバーチャルカードについて、これまでに実際に使ってみて利用可能だったかどうかのメモを残しておきます。

Vプリカが利用可能だったところ

ヨドバシ.com

カード番号・有効期限とセキュリティコードのみで購入可能。

一応、サイトやメールでの説明では、

カード名義人は、ご注文主と同じになります。
ご注文主と異なる名義のクレジットカードをご利用の場合は、
カード会社の承認を得られない場合がございます。

となっていて「使えないかもな…」と思いつつ人柱として少額商品をポチってみたところ、わずか数分で下記のご注文に関してご利用いただきましたクレジットカードでの決済を 確認させていただきました。ご注文商品の出荷に向けて手続きを進めてまいります。とのメールが来ました。

私はVプリカのカード名義と本名(ヨドバシでの注文者名)が異なりますので、ネット上で利用可能との情報があってもなかなか利用できないでいましたが、これで次からは安心して使えます。

楽天市場

カード番号・有効期限とカード名義のみで購入可能。

カード情報入力時に本人名義のカードを使用するように記載がありますが、本名名義ではないVプリカでも問題ありませんでした。
もしかしたらショップによって使える所と使えない所とあるかもしれませんので、使えたショップを以下にリストアップします。

DMM.com

楽天ID決済経由です。Vプリカを楽天に登録します。
DMM.comに直接チャージする形ではVプリカは使えません。

楽天でログインして決済→足りない分はクレジットカードで購入なのでそこでVプリカを選択→Vプリカのサイトに飛ばされるのでそこでログインすると即時購入できます。

Google Play

Google Playから直接クレジットで購入する。
名義をカード名義に変更するのを忘れない事。

IMVU

請求先住所が必要です。氏名はVプリカに登録しているユーザー名を適当に分割入力。

ミニバード

カード番号・有効期限とセキュリティコードのみで購入可能。

Kyashが利用可能だったところ

Kyashでは利用時のカード名義に自分の名前を使う事も出来るので、使えなかった所はありませんでした。

但し海外利用手数料が3%と高く、国産サービスの決済(当然支払いは日本円)でもシステムによっては海外利用とみなされて手数料が取られてしまう事が多かったので、使う事自体をやめてしまいました。

メルペイバーチャルカードが利用可能だったところ

Amazonで利用可能でした。

読者アンケート

この記事が気に入りましたら、いいね、シェア、購読をお願いします!

🔔 から登録すると、更新をプッシュ通知で受け取れます。

このサイトではクッキーを使用しています。
詳細