Choose your language. / ja / en / zh
このサイトでは Cookie を使用して、ユーザーに合わせたコンテンツや広告の表示、翻訳、広告の表示回数やクリック数の測定を行っています。 詳細

VIP -Vocaloid Important Producer- ボーカロイド楽曲制作テクニック

 やっぱり買ってしまいました。今回は書籍の話。

 院試終わるか終らないかの頃に本屋で見付けて買うか買うまいか悩んだ末買わなかった本ですが、今になってやっぱり欲しくなって購入。
 どうにもこうにもマスタリングが上手くならないので、コンプとかそっち系の本を探しに行ったんですが…結局こっちに。
 ボカロはミク、DAWはSONAR X1を想定して書かれていますが、だいたい他のボカロやDAWでも通用するはず。ていうかSONARのヘルプだけだと正直使いこなせないので。
 マスタリングの本、DAWの本、ボカロの本…と三つ揃えて変えればいいんですけど、そうすると5000円下らないし、5000円あったらちょっと良いヘッドホンが買えるし…。まあ初心者には役に立つはずさー(音楽初心者ではないんだけども)。マスタリングはどうにかします…。

 何で迷っていたかというと八王子Pの曲と私の曲のなんというか、路線というか、割と違ったからなんですよね…。「テクノとか聴かねーし書かねーわ…」と思ってやめたのです。どうも自分プログレを目指しているという言い訳で変なものしか書いていません(キリッ
 あと制作方法とかも(これまでDAW無しで私が作っていた関係もありますが)大分違ってどうにもこうにも\^o^/ 他の人のMIDIとか見るのは好きだけど結局DTMって環境に制作方法が依存するから自分のスタイル崩せない
 でもSONAR使ったり面白いシンセ系VSTi入れていたらちょっとテクノ系もやりたくなってきたので。

 以下、読んだのでレビュー書きます。

総評

 最初は「どうせ『ボカロ』っていっときゃ売れると思ってんだろ」って思ってましたが違った。ちゃんと読めば読む程役に立ちますね。ちゃんと読んでないけどw
 私は買った本を一生懸命隅々まで読むのが苦手なので、困った時のリファレンス代わりにしていますが、確かにSONAR使ってる人には多少役立ちますね。リミッターやイコライザーの使い方なんて、プラグイン違っても動かすパラメータは一緒だし。
 ただ、ボカロを前面に出して売りだしている割に、ボカロ調声の役にはあまり立ちません。何故かというと、最近(?)Twitterでもネタになりましたが、ぶっちゃけボカロエディタで調声するより波形編集ソフトであれこれ誤魔化す方が圧倒的に簡単なんですよDAW使いにとっては。Domino+Audacityで作ってる人なんかはボカロで出力する時点での完成度が重要でしょうが…。
 とまあ、実際この本でも、ボカロでの調声はそこそこに、あとはなんか有料のボーカル音声修正ソフトでひたすら子音やらなんやらをうにゅうにゅする方法が紹介されています。そんなん紹介されてもそのソフト持ってない限りどうしようもない
 と言う事で、「SONARもボカロも持ってて一応VSTプラグインの使い方も知ってるけどSONARやボカロのスキルがあまり無い」と言う本当に買った当時の私みたいな人向けの本でした。多分、スキルがある人はこんな本読まなくても自分のやり方確立してるだろうし、ちょっと「VSTプラグインって何ですか?」レベルの人には説明飛ばしすぎかな。
 SONARの解説書じゃないので、やっぱりSONARはある程度使い慣れてないと読み進められませんね。私も最初は「FX欄って何処だよ見えてねえよ…」とか思いながらやってましたし(その後表示させる方法を発見したもののまた忘れてしまったのでやっぱりトラック一覧じゃなくてコンソール画面でエフェクト追加してる)。
 という感じでちょっと偉そうに叩いてみましたが、自分より曲作りが上手い人のテクニックを見る事が出来るという点については買って良かったと思います。八王子Pの様な曲を作る人なら、下手にEQレシピ本とか買わなくても彼の音作りのテクを盗めば良いと思いますし、私の様な他ジャンル作りでも参考にはなります。

 …とまあこんな感じでよろしいですかね?(ビクビク なんだかこの記事人気があるけど何書いてたっけ…と思って見てみたら前のブログから移転してきたまんまで改行が出来てなかったのでタグ挿入ついでにレビューも追記してみました。購入の参考にして下さい。

 ちなみに、付録のミクステッカーは最初TRI-CAPTUREにでも貼ろうかと思ってたけど、貼る所が無いという事に気付いて、今はVY1V3のスターターパックのケースの中に収納されてます…制作用PCの側面に貼られています。