IP電話について調べたことまとめ

IP電話というのはインターネット回線を利用した電話です。
という事は、これをイエデンにする事ができるのでは? と思ったのでいろいろ調べた事をメモっておきます。

IP電話とは

上述の通り、インターネット回線を利用して電話がかけられるサービスです。
後述しますが、家庭用電話機や専用の電話機を使ってそれらしく通話する事もできます。

IP電話には以下の様なメリットがあります。

  • 通話料が安い(事が多い)
    特に海外への通話料が節約できる
  • 基本料金が安い(無料のサービスも)
  • インターネットと対応端末(アプリ)があれば着信できる
  • 付与される050番号は固定電話扱いなので、携帯電話番号では契約できないものでもIP電話番号で契約できる
  • 留守着お知らせ・転送サービスなどを提供している会社もある

逆にデメリットは以下の通り。

  • 110番など、緊急電話はかけられない
  • サービスによっては、複数端末での着信に対応していない、またはどの端末に着信するかわからない
  • 050番号では契約・登録できないサービスもある
  • SMS受信はできないので、認証用には不向き

個人的には、料金がそれほどかからないため、サブ回線やイエデンを持っていない人が回線を増やすのに良いと思います。
番号持ち運び制度も拡充されるみたいですし。

IP電話をイエデンにするには

結論として、安いスマホかタブレットを買って家のネットに常時繋げておくのが1番良さそう。

別に家で電話が取れれば良いのですから、家庭用電話機の様な立派なボタンや受話器が無くても役割は果たせますよね。
IP電話専用端末や、家庭用電話機+VoIPアダプタ(家庭用電話機でIP電話を使えるようにする機械)を買うお金で、他にも色々な事が出来るタブレットやスマホを買う事が出来ます。

アダプタとサービスの組み合わせによっては上手く着発信が出来ない可能性がある事もハイリスクなので、公式アプリが提供されているサービスならそれに対応したモバイル端末を買う方が良さそうです。

そもそも、外出先でも回線を確保できるのであれば、イエデンを用意する必要もあまり無いですしね…。

IP電話サービス

ここからはサービスについて調べた事まとめ。
個人向けのみ。他サービスへの加入が前提のものは除外。

050 plus

NTTが提供するサービス。OCNモバイルONEの音声対応SIMを契約していると無料で使えます。
OCNモバイルONEを契約していない場合でも、月額324円で050番号が取得できます。

他のIP電話への通話は無料、固定電話や携帯電話にも格安で発信できます。

複数端末にアプリをインストールできますが、どの端末で着信するかは不確かな部分もあるため、使用頻度が高い端末に絞って設定する方が良さそうです。

上記で紹介したGrandstreamの端末を使ってイエデン化する事も出来るようです。

ただ、端末によっては相性が悪いみたいなので注意。

FUSION IP-Phone SMART

楽天が提供するサービス。此方もよくイエデンに使われています。

私はOCNを解約してしまったので、此方に乗り換えました。
基本料金と着信が無料なので、宅配の連絡先などに使用しています。

ブラステル

プリペイド式で月額基本料無料のサービス。此方もIP電話へは発信無料です。
イエデン化する方法は(情報が沢山あるので)ググってください。

プリペイドで買った分は一定期間通話しないと消滅してしまう為、よく電話をかける人向け。
有料ですがオフライン時に他の電話番号に転送してくれるサービスもあります。

Skype 番号

Skypeの050番号サービス。月額300円(税込み)。1年間契約にすると月額200円まで安くなります。

どの国の番号を取得するかは選択可能ですが、国によってはそこに居住している事が必要。
日本の番号(050)の場合、自分の好きな数字列を指定して(利用可能であれば)その中から選ぶ事も出来ます。

Google Voice

廃止されかかっていますが、随分前に取得した番号は普通に現役で使えています。
此方はアメリカの電話番号が取得できます。

IP電話番号なのでサービスによってはSMS送信を拒否される事もありますが、おおむねSMSも問題なく受信できる所が便利です。

イエデン向けサービス

探せばたくさん出てきそう。とりあえず見付けたらリストに追加。

この記事が気に入りましたら、いいね、シェア、購読をお願いします!

🔔 から登録すると、更新をプッシュ通知で受け取れます。

このサイトではクッキーを使用しています。
詳細