カムパネルラ

長い長い夢を見てる
君の横顔にそっと触れた

ほら いつの日か君も解るよ
また君が誰かの言葉を憎み苦しんでも

長い長い道の先で
君をいつまでも待って居るよ

まだ君は きっと哀しみや苦しみを
憎しみや答えの無い問いに変えては
惑うだろう 悩むだろう
それが生きるという事さ

ほら この夜をいつか乗り越え
また君が二人で渡った川を訪れる日に
伝えよう 僕の答えを
暗闇に流され見えなくなった
君に会いたい

このサイトではクッキーを使用しています。
詳細