Choose your language. / ja / en / zh
このサイトでは Cookie を使用して、ユーザーに合わせたコンテンツや広告の表示、翻訳、広告の表示回数やクリック数の測定を行っています。 詳細

Monster

胸の隙間に芽吹いた感情を
伝えたいとまではいかなくても、解ってほしかった

植え付けた他人志向な正義を翳して
人々は疑問一つ抱かず暮らしてる
最初から微温湯の中 風邪などひかない
寂しさも水の温度に紛れて消えると?

飛び出したら最期?
乾いていく皮膚[はだ]に刺さるは言葉
僕はもう要らない子?
目の前で捨てられる望んだ期待

この手の平に残った感触を
伝えたいとまではいかなくても、知ってほしかった
何でもない日々を重ねるのがヒトの役目だと言うのなら
僕はそれをやめてしまおうと思う

身に付けた他人行儀な姿勢を盾に
人々は何を仮想敵とするのだろう
限られた椅子を取り合うレースの為に
失ったものの事を認めてくれるの?

[うず]もれてはいけない
教科書に躍る文字を追えば
飛び抜けてもいけない
目の前に張られるのは規制線

胸の隙間に芽吹いた感情を
叶えたいとまでは言えないなら、殺してほしかった
君達は幸福[しあわせ]になりたかっただけだと言うんだろう?
それは僕だって同じだと思う

見開かれた君の目の中に
僕の姿が一欠片も無いのなら
もう目を閉じてさよならグッバイ
矛盾だらけのこの世界も僕からも

この指先に掴んだ感覚を
伝えたいとまではいかなくても、忘れたくなかった
何にもない日々で満たされるべきだと未だなお言うのなら
僕はどんな腕でも引こうと思う

胸の隙間に芽吹いた感情を
伝えたいとまではいかなくても、解ってほしかった
何でもない友と呼ばれるのが僕の役目だと言うのなら
僕は僕をやめてしまおうと思う

作品の情報

作詞
Cosmos and Chaos [2015-05-09]
ライセンス
Creative Commons BY-NC 表示 - 非営利 4.0 国際
お読みください
最新版をダウンロード