Choose your language. / ja / en / zh
このサイトでは Cookie を使用して、ユーザーに合わせたコンテンツや広告の表示、翻訳、広告の表示回数やクリック数の測定を行っています。 詳細

[むくろ]

失笑ものの名前をした
マンションの駐車場 出口は無いよ
響いた音は[こだま]も無く
薄暗い空気に紛れて消えた

赤と白の区別さえも付かない程の錯乱
君と僕の違いさえも受け入れたら
負けだと思った

滲んだ明日も染まった昨日も
この僕に較べれば確かに在る
歪んだ顔にも嗄らした声にも
もう君の面影は無い
時を越えて

失禁もののホラー映画も
子供騙しに見える光景達を
支配している骸 それは
黴臭い[あかり]で世界を照らす

赤と黒の区別さえも見えない程の暗転
君と僕の未来さえも塗り潰して
負けだと悟った

滲んだ視界も染まったフロアも
その眼には透き通り見渡せるの?
歪んだ骨にも渇いた喉にも
もう僕の感情は無い

人形の様に決まった動きで
この世界の光を闇に変える
そうしていつしか全てが無の中へと
還るであろう時を
待ち続ける

肉と骨の区別さえも付かない程の犯行
君が僕の想いさえも殺したから
全て悪いんだ

滲んだ視界も染まったフロアも
その眼には透き通り見渡せるの?
歪んだ顔にも嗄らした声にも
もう君の面影は無い

滲んだ明日も染まった昨日も
この僕が作り出し確かに在る
そうしていつしか全てが無の中へと
還るであろう時を
待ち続ける

作品の情報

作詞
Cosmos and Chaos [2012-11-10]
Picture
pakutaso.com
ライセンス
Creative Commons BY-NC 表示 - 非営利 4.0 国際
お読みください
最新版をダウンロード