聖夜のグランサイファーにて

  • PG12
  • 4927字


「む、無理……」
 僕はとうとうグラスを置いた。酒を呷ること四杯目。これはキツい。
「なんだ、君ももう音を上げるのか」
 クリスマスだから、とグランサイファーに招かれた僕達は、イブに艇の食堂でどんちゃん騒ぎをしていた。
 アオイドスという美麗な男に誘われ、彼が好きだと言う酒を勧められて飲んでいたものの、度数がえげつない。ゆうに七十パーセントを超えている。ロックで飲んでいたがキツい物はキツい。
「いや~……頑張った方だと思うぜ……」
 隣の椅子ではラカムが半死である。彼はコップ半分飲んでリタイアしたらしい。賢明な判断だ。
「僕、密偵の仕事もするから毒とかお酒とかは訓練してるけど、これは駄目。本気で命の危険を感じる」
「俺もアルハラをするつもりは無い。だが、また飲みたくなったら言ってくれ。今日の為に沢山買ってきたんだが、俺以外誰も飲めなくてね」
 そこでアオイドスは、ラカムとは反対隣に座る人物を振り返る。
「君は本当に良い飲みっぷりで、嬉しいよ」
「そうか? 普通に美味いからな」
 ドラフは酒に強い人が多いけど、スツルム殿はその中でも破格らしい。十三杯目に口を付けているアオイドスと同様、彼女ももうすぐ二桁台に達しようとしているのに、その表情はいつもと全く変わらない。無だ。
「スツルム殿~。飲むのは良いけど体に気を付けてね……」
「わかってる。それに、今回は正月明けまでこの艇の世話になるだろ。久々にゆっくりできる」
「うんうん。ゆっくりして行ってよ」
 話に入ってきたのは、この騎空団の団長、グランだ。スツルム殿は「そうだ」と言って荷物から小さな箱を探し出すと、彼に渡す。
「スツルム殿、何それ」
「何って……クリスマスプレゼント、だが?」
「ハァーーーーン!?」
 何それ!? 何それ!?
「なんで僕にくれないのに団長さんにあげるわけ!?」
「お前はもう子供じゃないだろ」
「まさか毎年あげてたの?」
「悪いか?」
「悪くはないけど……ないけど! こう! なんか!」
 自分でも酔っているのが判る。ラカムも突っ込む元気が無い程度には悪酔いしているらしい。
「あはは……。ありがとうスツルム」
「今年のは小分けできるやつだから、ルリア達にも配ってやれ」
 何なのほんと、僕の事無視してくれちゃって……。
「あ゛~~~~。煙草吸って来る」
 隣から空気を読まない、気の抜けた様な声が上がる。しかし、それで少し興奮が落ち着いた。
「大丈夫か? ふらついているぞ」
 アオイドスが立ち上がったラカムを心配する。いや、酔わせたの君だよね?
「平気平気……っと……」
 言ってるそばからラカムはよろけ、座っていたカタリナさんの背中にぶつかって嫌な顔をされている。
「おい、ラカム」
「僕も風に当たって来ようかな」
 楽しそうに盛り上がっていたカタリナさんが、会話を中断して立ち上がろうとしたので、僕はさり気なく気を利かせた。尤も、寒いからラカムを甲板まで送り届けたら、借りた部屋に戻って休もうと思うけどね。
「じゃあね、スツルム殿。また後で」
「ああ」
 僕は自分よりも図体のでかいラカムを引きずるようにして、宴の会場を去る。
 クリスマスかあ。
 両親から一度もプレゼントをもらった事が無い身としては、酒でも飲んでばか騒ぎでもしないと、やってられない。

 飲みすぎた。
「……あれ?」
 あたしは騎空艇の中で迷っていた。宛がわれた部屋の場所が分からない。ふらふらと当てもなく彷徨っていると、機関室の方に来てしまう。
 艇は港に泊まっているのに、中で音がした。
「?」
 何も考えずに扉を開ける。
「キャッ」
 女の声。二つの人影。逢引中だったか、と気付き、詫びてまた扉を閉める。
 聖夜だもんな。そういう気分にもなるか。
 そう考えると妙に意識し始めてしまった。これから帰ろうとしている部屋は、ドランクと相部屋だ。
 いや、別にいつもそうじゃないか。互いの裸だって大体全部見た事あるだろう、着替えや怪我の治療とかで。
 でも、そういう態度で接してきたから、機会を逃してしまった気はする。あたしが無頓着すぎた。相部屋や相手が居る場所で着替える事に、最初抵抗していたのはドランクの方だ。なのにあたしは田舎育ちで、そういう事を気にするような性質じゃなくて……。
『相部屋で良いだろ、安いし』
『え!? 良いの!?』
 最初に宿に泊まったあの日、ドランクは期待していたに違いない。結局、あたしにその気が無くて、というか思いつきもしなくて、何も起こらなかったが。
 ……いや、何も起こさないでくれたのだ。ドランクが最初からそういうつもりで近付いて来た事くらい、薄々勘付いてはいた。
 長々と考え事をしていたら、少し酔いが醒めた。廊下の向こうから、一服し終わったらしいラカムが歩いてくる。
「もう寝るのか?」
「ああ。すまない、あたし達の部屋はどっちだ?」
「この艇もでかいからな」
 ラカムに部屋の場所を教えてもらい、今度こそ部屋に戻る。扉を開けると、真っ暗だった。
 眠い。着替えるのも面倒だ。騎空艇に着いてすぐに剣の手入れは済ませたし、このまま寝よう。
 酔っていたんだ。そういう事にして。


このサイトではクッキーを使用しています。
詳細